FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のアイリッシュ【第54回】「Stepling - Allen Water」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






君だな
鼻水は
ああまた隠れた

torl喪に選ばれた動画がこちら↓

近所のあいつは心地いい!Steplining!!

















※動画を聴きながら↓の文章を読むことをおススメします。













今年で35歳になる俺には嫌いなやつがいる

近所に住む俺と同い年の男だ

嫌いな理由はルックスも中身も上な癖に

俺とほとんど変わらないなんてアイツはほざく

そして結婚5年目になる妻は

アイツと浮気し

離婚した末アイツと結婚した

いわゆるネトラレというやつだ

どんなに怒りに震えても 惨めに思えても

生きていかなければいけない

せっかく買ったマイホーム 手放すわけには行けない

朝に仲良くイチャイチャするアイツと元嫁が見える

目を合わせないように行くとアイツが声をかけてくる

「新作見ました?」と声をかけてくる

趣味が同じ映画鑑賞と言うことで 実は会話自体出来る

良く平然と声をかけてこれるなと思いながらも、見たと答える

そこから「マジっすか!?」「僕もう15回見ました!」とか

楽しそうに話しかけてくる

まるで中学生のようなノリで楽しそうだ




そんなことが何日も続いたり

続かなかったり

よく分からない関係になっていった

ある日

アイツが玄関で元嫁と何かを話していた

感覚的に今日は話しかけてくるだろうなと思っていた

前日に超大作洋画が公開されたしネタには困っていないだろう

しかし今日は中々あいつがこない

気になって戻って見てみると

元嫁と何か話してる

「何話がどう~」「あそこの演技凄すぎ」とか

何かのドラマの話題のようだ

旦那が仕事に行こうとしているのに なんて内容で引き留めてるんだ

事実あいつも少し困惑していた

・・・・・・

何故だか俺はあいつの腕をひっぱり

「遅刻するぞ」

と無理やり元嫁を放っておいて連れだした

「ちょっと!」っていう元嫁の怒声が遠くなる中

頭に?を浮かべるあいつに対し俺は

「公開初日行ったぞ俺」

その一言に全てを察し満面の笑みを浮かべるこいつは

お互いの道が別れるまで延々と楽しそうに語っていた

・・・・・・





                                             ~fin~




















こ                .. . . . .. ....... ....... . . .................. . ............ ..
 ん               ...  ,, . . ... . ......... .. .... .. ...... . ... .




- Bandcamp -
スポンサーサイト

今日のインスト【第287回】「Marco Sfogli - Get Away With It」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!








そうですか
はい
ええ

tortoに選ばれた動画がこちら↓

ファンキーなフュージョンとさすがの王道ギターインストスタイル!Marco Sfogli!!

「おはようございます」

「おはようございます」

「ここで突然ですが、博士の最近のマイブームは?」

「「B'z」は良いぞ。何度聴いてもな」

「・・・というか、前にもこんな質問したね。ゴメン」




「今日の人は誰?」

「「Marco Sfogli」さんだよ。恐らくギターインスト好きであれば半分以上は知っているんじゃないかな?ロック/メタル系のバックにテクニカルながらも安定感のある王道メロディチューンを奏でる日本でも人気のあるギタリストだ。特に1stの"Still Hurts"は最初から最後まで完璧な名曲中の名曲だ

「その人の新曲?」

「そうだな。先月の22日にNew Albumの"Homeland"がリリースされ好評発売中だ」

「よし。期待して聴いてみるね」

「本当か?」


↑の動画の見どころ



[0:00~]

ああ~、すっごい昔っぽいシンセとファンキーなギターのカッティングのバック音楽が良いね」

「まさに王道ともいえるフュージョン系のシンセとクリーンギターのカッティングが否応にもこの楽曲の雰囲気を序盤から聴き手に訴えかけてくるな。フュージョン好きにはたまらんだろう・・」



[0:17~]

「ここからリードギターが入ってくるね。博士が言うようにテクニックメロディのバランスが良い感じがするね」

「まだ曲の序盤だからバックのサウンドに合わせたメロディラインのリードだが、合間合間に入れるスケールのセンスと、このトーンの良さ・・・さすがMarco Sfogliさんって感じがする」



[0:33~]

「ここからの曲の雰囲気が少し変わるのが好き。Marcoさんのリードもさっきよりもメロディとテクニック両方ともパワーアップしてるね!

「流れるようなリードフレーズが次々と出てくるのだが、よくもまあここまで自然と被らないようなフレーズを思いつくものだなと感心するな。レガートやチョーキング、スキッピングなどのテクニックも素晴らしく、時折入れ込んでくるピッキングハーモニクスのアクセントが非常に良い・・・もう既にお腹いっぱいに満足させてくれるようなメロディとフレーズの宝庫だ



[1:37~]

「一瞬ここがサビメロかと思ったけど、さっきの0:33~のパートと同じバッキングなんだね。でも曲の盛り上がりとかメロディとかサビメロに感じられるぐらいにこのパートカッコいい・・・」

「序盤のファンキーなパートと、メインで盛り上がる0:33~のパートとの繰り返しがメインの楽曲なのだと思うぞ。しかしそれ故にギタージャムのように展開がシンプルになってしまうが、それを感じさせないほどのMarcoさんのスキルがべらぼうに高いのだろうな・・・」



曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)






























「最初から最後まで無駄のないメロディとフレーズの嵐・・・脱帽です」

「Marcoさんはリードトーンのサウンド処理具合も素晴らしく、こういった歪ませて存在感のある太いリードだと流れるフレーズにノイズが付きやすいのだが、Marcoさんはノイズの違和感が溜まる直前でチョーキングしたり、フレーズを止めて緩急を付けたりしている・・・というか、それをしなくても全く違和感の無いほどに流れるようにスキッピングをしてるのが恐ろしい・・・なんてギタリストだ」

「今回聴いた曲はファンキーで爽やかな感じだったけど、本来はメタル系とかもやるんだよね?」

「そうだな。メタルと言っても昨今のDjentとかの多弦ギターの重低音メタルではなく、あっても「Andy James」さんとかの系統のメタルをやるぐらいだと思う。・・・多分ね」

「よっしゃ。アルバム買おっ」

お!

「だって博士最近B'zばっかり聴いてるじゃん。私がちゃんと買って今年のランキングに力を注ぐようにしないと」

「ナチュラルに買ってないみたいな印象付けるのやめて」

「この前も歌ってたじゃん恋じゃなくなった日ぃの空ぅぉおぉぉぉ~って」

やめて!





今日のメタル【第306回】「Darkwater - Alive (Pt. II)」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!








ほんとぶ
水分
とってね

マラカスに選ばれた動画がこちら↓

プログレッシブな世界観に確かなメロディ!Darkwater!!

「おはようございます」

「おはようございます」

「本当は今日「Dream Theater」を記事にしようと思ったんですよ」

「そうなんだ」

「ドリムシは数年ぶりのアルバム&結構評判の良い新曲などの要素もあって、直前までは記事にしようと思っていたのですが・・・このバンドに出会ってしまったのですよ」

「うん」




「たまにYoutubeを視聴中に動画が始まる前にCMがあったりするじゃないですか?・・そこで出てきたのがこの「Darkwater」です。スウェーデンのプログレッシブ・メタルバンドで、既に15年以上活動されていることや高いクオリティもあるのかメタラーには既に広く知られているバンドのようですね。私は初見です」

「YoutubeのCMって正直鬱陶しいのに、よくそこから好きになったね」

「...それほど曲が良かったのですよ」



↑の動画の見どころ。





[0:00~]

「おおっと・・・いきなりバンドサウンドが入ってくる・・・って感じで、なんか壮大な感じがするね」

「このヘヴィなギターバッキングが刻まれたりコードが響いてる中でシンセが仰々しく鳴り響くのが堪りませんね。シンフォニックすぎずに適度にピアノやテクノチックなシンセが流れているのが絶妙なバランスです




[1:27~]

Voが入ってくるまでなんて長いんだ・・・。でもクリアで聴きやすい声質で良いね」

「世界観というか曲が長かったり複雑だったりするのが本来のプログレッシブの要素ですからね。個人的にはここまでに至るギターソロのようなパートや、世界観に浸れるような様々なサウンドの密度が心地よくて好きです




[1:58~]

「ここからがサビメロだよね。捻ったようなメロディや歌メロかと思ったけど、サビメロとハッキリ分かるぐらいにキャッチーで少し意外だった。

こういうとこが、このバンドが好きになった大きな要素だと思います。サビメロ用に歌メロを引き立てるために演奏を切り替えるバッキングに、これまた質の良くキャッチーな歌メロが素晴らしいですね。コーラスと掛け合わさった感じがかなり好みです




[3:58~]

「ここからのギターソロだけど、静かなバッキングに合わせてメロディックに弾いてるけど、バッキングが激しくなった後でも上手くメロディックに弾いてるね

「リードのチョーキングやアーミングが人間味があって非常に心に訴えかけてくるようなソロメロディですね。後半から速弾きなどのテクニックも駆使しているので、メロディックなリードソロがさらに強く引き立っていると思います」




[5:29~]

「それで最後に大サビメロをしっかりと持ってくるのが分かってるね!個人的に5:49~で歌メロのオクターブが上がるとこがすごい好き

「分かる...」





曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)









































「うん、これは確かに一度聴いたら好きになるかも」

「ちなみに今回記事にしようと迷ってたドリムシの新曲がこちらです↓



「あー、確かにこれも・・・捨てがたいカッコいい曲」

「ちなみにドリムシのアルバムは全世界同時発売の2月22日発売予定で、Darkwaterの方は3月1日発売予定です」

「先生はどうするの?」

「うーん...プログレッシブ・メタル界を代表する有名バンドのドリムシの新作はすごい欲しいし...でも、直感で感じた好みとしてはDarkwaterだし...悩ましい」

「先生・・・あのさ」

「2つとも買ったら?」

「..........」

「...........」

「...あれ?」






今日のその他音楽【第75回】「Adam Maalouf - TRANSIENCE / pantam and berimbau duet」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!








学校
小中学校
こもち

ソフトに選ばれた動画がこちら↓

階段は楽しい!Adam Maalouf!!

















※動画を聴きながら↓の文章を読むことをおススメします。








小学校の頃よく階段で遊んでた

何して遊ぶのかと言うと

簡単に言えば

どれだけ高い段数から飛べるかを競う

ものだったり

手すりを滑り台のようにして滑ったり

段差ごとに的を置いて

疑似ストラックアウトみたいにしたり

色んなことをやった

ある日...いつかは覚えていないのだけど

隣のクラスの友達と階段で勝負をした

「内田」って奴だったんだけど

仲いいからよく一緒に遊んでた

勝負の内容は階段で

「10段目飛びを3回」「手すり滑りを3回」「ストラックアウトの的を早く倒す」

この順番にいかに早く出来るかの勝負だった

最初は内田がすごい速かった

でも正直 競争してると楽しくてどうでもよかった

キャッキャしているからか

周りにもギャラリーが出来てきて

注目されている感もあって嬉しかった

それで勝負自体は自分が負けた

元々内田は運動神経が良いからな

ただ

人が集まっているせいで先生に見つかった

それで内田と自分含めた友達がめちゃめちゃ怒られた

でも面白かったのが

次の日ぐらいからもう

自分たちの間で

鉛筆飛ばしが流行ってたのよね

アホだったなあの時




                                                 ~fin~



























carie
d

今日のインスト【第286回】「Daniel Padim - Looking Up to Giants」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!








鼻水台へ
pipe
B5

ろーめんに選ばれた動画がこちら↓

力強いパーカッションとほろっとくるファンキーなメロディー!Daniel Padim!!

「おはようございます」

「おはようございます」

「ズズッ・・・ちょっと鼻水が止まらなくてさ」

「冒頭の良く分からない言葉もそういう事?」

「そうなんだよ~・・・苦しいよぉ・・助けてよぉ~」

「ドラえもんみたいに言うな」




「どっちかと言うと、私がドラえもんにおねだりする側なのに」

「今日のギタリストは「Daniel Padim」さん。ソロギターの名手たちが集まるCandyrat Recordsに所属する実力のあるギタリストだ。↑の楽曲自体は2017年にリリースされた少し古い曲だけど、演奏動画が最近アップされたばかりなので折角だから記事にしようと思う」

「あっ、無視した」

「というかアルバムランキングの時も思ったけど、趣向がどんどん優しい音楽に移行していってるのかな?」

「歳を取っている感じがする」


↑の動画見どころ。


[0:00~]
「ノリの良い雰囲気が静かに始まっていく感じ・・・少しロック風のリフの感じがワクワクとさせるね」

「それでいてこの「ドンッドンッ」と来るボディへのパーカッションの強さよ。バスドラムでリズムを取っているかのような力強さだからロックリフスタイルのメロディと相性抜群でワクワクするのだろう・・・




[0:22~]
こっからのメロディというか演奏好き♡

「この楽曲の一番の聴き所であるメロディパートだな。力強いパーカッションはそのままにベース音と一緒に弾くソロのメロディが秀逸だ・・・一瞬ベンドして軽く2弦を響かせている部分一瞬だけこの単音のみ意外のサウンドが消えるのがとてもセンスが良くカッコいい。途中のハーモニクスを出してからのメロディ展開も自然で、どことなくノリの良い楽曲に優しい情緒感をもたらしているのもGoodだ




[1:44~]
「ここからの開放弦も混ぜたフレーズ上手いね」

「メインのメロディを演奏されていた時から感じられたが、プリングやハンマリングで紡ぎだすメロディをよく綺麗に出しているな。・・・まぁ、ソロギターをやる人にとっては当たり前の技術なのかもしれないが、Danielさんの場合は結構頻繁に使うギタリストなのかな?」




[2:17~]
「この辺のノリの良い展開とはまた違う優しい弾き方の演奏も良いね」

「両手共に、力強く弾いているからこそハリのある力強い楽曲になっているのだが、このパートなどのちゃんとした小休憩のような緩急を付けるメロディ展開は素晴らしい。そしてそこから最後にメインのあのメロディに戻ってくるこの感じ・・・よろしいな」





曲はそんな感じで進んで終了。(てきとー)






























「上手いしメロディもキャッチーだったし、さすがCandyratでデビューしているだけはあるね」

「この動画や楽曲自体はDanielさん個人のチャンネルからのもので、楽曲も古いものなのだが(アップ日は最新)・・昔からセンスのある楽曲を弾いていたのだな」

「昔の動画見てると「Daft Punk」の"Get Lucky"とかもカバーしてるみたいだね」

「ソロギターによるアレンジカバーとなると、どうしても思い浮かべてしまうのが同レコーズの「Luca Stricagnoli」さんだな」

「どんな人?」

「こんな人↓」

「・・・・・・」

最近のソロギター界のレベルは高い!

「ええっ?」






次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。