FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

【速報!】JTC Solo Contest優勝者が決定!

速報そくひおう!

JTC Solo Contestの優勝者が決定いたしました!












優勝はKENNY SARANEさん!










・・あれ?


予想当たってんじゃん!!(←しないって言ったクズ)



・・・・・・

全出場者と運営スタッフに豪華審査員様

お疲れ様でしたぁぁぁぁぁあぁl!
スポンサーサイト

【JTC Solo Contest】ファイナル出場者の動画がついにアップ!

おはよう
ございます

昨日、JTC Solo Contestのファイナル出場者の動画がアップされておりました。
なお、このファイナルではオリジナル動画での出場が条件となっており・・Guitar Idolのように各ギタリスト達の個性を十分に発揮された楽曲達を視聴者は楽しむことが出来ます

それではいってしまえ!もう!




Occulting Light



Pablo Romeu



Morgan Reid



Lee Luland



Kenny Serane



Akihiko Onji



Benjamin Ellis



Cacá Barros



George Greaves



Brian Maillard




といった9人のギタリストとなっています。





















・・・・え、予想?やっても当たらんもん!(本音)

過去に何回もコンテストの結果予想はしましたけど、ガチに1位が当たった覚えはありません

今まで色々考えました・・・

「バランスがあってこそ1位」
「堅実にやってこそ1位」
「圧倒的なテクこその1位」
「地味なスタイルこそ1位」
「安定感こそ1位」


全部外れたわ!このヤロウ!

・・・・・・・・・・・・・

ですがそれでもの予想をするとなれば・・私は「Cacá Barros」さんだと思います。

この人がおそらく名前としても一番有名だと思いますし、たしかEagle Instrumentosのインストラクターもやっていたと思います。
素直で分かりやすいロックスタイルのテクニックと安定性は必ず評価されると思います・・・決して投票で1位だからという訳ではないんだ(半分)

そして個人的に気になるのが「Kenny Serane」さん。
この人のトーンの綺麗さと粒の揃いさ・・半端ではない・・・仮にこの人がJTC ArtistになるとしてJTCの動画からアップされるビジョンが容易に想像できるのだ。
・・でも想像できるという意味では一番は「Morgan Reid」さん・・・あんたまだデビューしてないんか


でも一番応援しているのは「Akihiko Onji」さん!

目指せ!日本人初の海外ギターオンラインコンテスト優勝!


でも誰が優勝しても不思議ではない・・!コンテスト「JTC Solo Contest」・・要チェックだ!

【JTC Solo Contest1回戦終了!!】

お疲れ様です

JTC Solo Contestの1回戦が終了しました

総エントリー者2022人!

まずは一人一人聴いてジャッジを下した審査員の方々、本当にお疲れ様でした。

・・私?100人ぐらいしか聴いてないから解らんな(クズ)


それで、通常だったらここから2回戦に行く・・というかファイナルの10人が絞られるようなんですが・・

どうやら運営は多くの良いギタリストがいるということで57人のギタリストをピックアップしました↑

↑の動画の中から10人に絞り込むそうです。・・・いつなのかは未定

・・・でもちゃんと動画で予告をアップしてくれているからGuitar Idolよりかは情報は早いかもしれない


お!


日本人が4人も残っている!

Guitar Idolにも出場していた「Hidenoeri」さん
違う大会で見かけたことのある「AKIHIKO ONJI」さん
同じく違う大会で見たことのある「HUMINORI WATANABE」さん
初見の「YUUSUKE OHNISHI」さん

の4名がピックアップに残っています。

・・いやいや、これはすごいことですよ。2000人以上の中からの57人に残るなんて・・・規模で言えばGuitar Idolにも負け図を劣らないレベルです


この中からの10人に選ばれれば・・・いけない、想像しただけで色んな所が震える・・

このブログで記事にしたギタリストも何名か57人の中に残っていました。



一応ざっくりファイナルに行ける57人の動画を見た感じ一番に言えることは・・・・安易すぎないということでしょうか・・


別にオリジナリティの強い独創性のあるテクニックやメロディを全面に押し出していると言うことではなく、基本のジャムに合わせるべきテクと他の人とは違うとはっきりと感じ取れるスケールやメロディセンス・・・そういうのが光っていると思えます。

ただ上手いだけじゃなく、結局そこから上手いギタリストでは思いつかないスケールを弾いている印象が強いです。


でもまあ、そりゃあ化け物ギタリスト揃いのJTCに所属することになるのだから・・普通に上手いギタリストなんかじゃは入れっこない・・向こうはそんなの数え切れないほど見たり聴いたりしてきたわけだから。




一応4月14日に投票を締め切ると運営が仰られているので、↑の動画を見て応援したい人がいたら是非公式に行って投票してあげてください→公式



さあさあ、一体誰がファイナルの10人に選ばれるのか!

あなたのジャッジがその可能性の1票となる!


今後も目が離せない「JTC Solo Contest」・・・要チェックだ!
















最後すごい綺麗に閉めれた・・

JTC Solo Contest【第1回戦Entry】「Morgan Reid」【第4回】


やらない癖がついてしまいそうだ
危ないあぶない
1人でも

疲れ気男に選ばれた動画がこちら↓

弾きまくりでも輝くセンス!

ご存知の通り「Morgan Reid」。
何がご存知なのかと言えば彼は去年Guitar Idolファイナリストなのだ
しかも大会史上初の"djentインスト"で挑んだ猛者でもあある

早速見てしま


選んだトラックは"Rock"を使用・・やっぱり人気のあるトラックだ
そして・・・曲も始まってないのに全力疾走から始まる

そして盛り上がり所までメロディックに弾くところもあれば、高速レガートだったり・・・でもやっぱり超絶テクニックの方が割合多い見栄えのいい感じとなっている

そして盛り上がりどころでは・・・フィーリングでこれかッ!

基本、Morganさんは今まで聴いてきた感じ・・ソロメロディではフィーリングで大体弾いている感触が強かったのですが、滅茶苦茶なスケールになる一歩手前の独特なセンスを持ってカバーしていました。(個人的な感想)
そのセンスが今回は今までの中でも特に大きく出た盛り上がり所でのメロディです。・・・途中からの超高速な速弾きなどは相変わらずですがw


最後も色々とやり足りないのか・・・ダイムバッグみたいなことをしてヘンテコサウンドで終了。
















最有力候補の1人でもあるMorganさん。
なんたってGuitar Idolファイナリストのブランドはかなり強い

今大会では他の去年ファイナリストだったギタリスト達が出場していますが、今回今の所特に気に入ったのが彼でした
2回戦は行くだろう・・・ほぼ絶対・・(小声)


そんな、熱いテクニックとセンスが集まるコンテスト「JTS Solo Contest」・・要チェックだ!

JTC Solo Contest【第1回戦Entry】「David Wallimann - Hussein Haddad」【第3回】


今日もJTC
明日もJTC
いつも

今日の2人は知ってる人です



David Wallimann

今日は講師ではなく1人のギタリストへ!

毎日のように顔を見るDavid Wallimannさん。
何故毎日顔を見るのかと言えばYoutubeの動画登録ペースがめちゃめちゃ早いから
いつもはスケールとかのレクチャー動画をアップするDavidさんが、今回は1人のギタリストとして勝負します。

トラックはRockを選択。そして・・フィーリング全開のソロを披露
Davidさんと言えば色んなテクニックも基準値以上をいう印象だが、大きく個性と感じるのはピッキングニュアンスだったりとかの感情的な要素。いきなりダブルチョーキングをかまして聴き手に訴えかけてくる

そして盛り上がりどころでは・・・情緒的になる
特に目を見張るテクニックはありませんでしたが、アーミングを効果的に使ったりなど基本・・メロディ重視のソロを披露していました。

後半は小さく間を開けながらスケールを弾いて終了

元々、Guitar Idolでも良い所まで行ったDavidさんだからセンスがあるのは知っている・・・そして何より人にギターを教えていると言うまた違った理由でJTCアーティストに近づける要素が大きいのではないかと思う。




Hussein Haddad

見た目だけでなくテクニックもガスリーへ近づくソロ!

この人も結構な頻度で動画を見ることが多いギタリスト、Hussein Haddadさん。
昔のGuitar Idolの出場動画からかなりの成長というか進化をしたギタリストだと思っています
そして近頃見た目が・・・・ジャム王そっくりに・・・

トラックはこちらもRockを選択。・・・やっぱり人気だな
まず入ってくるソロは特に目を見張ることもなく、ただ安易でもないソロメロディが流れる・・しかし、普通のギタリストが思いつかないスケールの流れみたいなのはやっぱり熟練というか・・玄人の考えに近いものがあるだろう

そして盛り上がりどころでは・・普通にメロディックに披露!

Husseinさんの動画を見れば解りますが、オリジナル曲ではなんとも独特なメロディセンスを発揮しているのですが・・今回のこのソロでは案外普通にメロディックに弾いています。
しかし、後半高速レガートがあるんですが・・・速いな、オイ
ガスリーにも似た高速なレガートが単なるメロディックに弾くギタリストとは違うということを印象付けます。

後半は特に何も弾かずに終了。

恐らく審査員には解るのだろうか・・・彼が何故普通にメロディックに弾いたのか
その答えはHusseinさんがJTC Artistになった頃に解るだろう・・







本当は今日は3人やろうとしたんですが、無理やん
Guitar Idolの時と同じ流れになっていく・・


今回の二人は知っている人でしたので、もしもJTC Artistに選ばれたら喜びも一段と大きいかもしれません
二人の健闘を祈る!


そんな、有名所も出場するコンテスト「JTC Solo Contest」・・要チェックだ!
次のページ