FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今日のメタル 第200回記念】「過去に衝撃を受けたメタル等々」【4~1位】

はかしてみせる

こちらは4位~1位ぁぁあっぁぁ

10位~5位はこっち→








◇4位「Eluveitie - Inis Mona」

初めて聴いたフォークメタルで今でもダイスキなアイリッシュ&メタル!!

たとえば昔からのメタル好きの方などはコルピクラーニとか、コルピとかコルピとか・・色々ある中でもそれらが始めてのファーストタッチアイリッシュメタルだったりするかもしれませんが
私の最初はEluveitie・・素晴らしくマッチしていた

いきなり轟音と共に大人数による激しいメタルバンドサウンドと民族楽器によるケルティックなメロディ・・・初体験でしたが最高に私はこのケルティックなメロディが気に入った

だからアイリッシュ音楽の記事とかやってるんだ!(本音)

ああ
ケルティックなメロディも最高だけどこの楽曲というかEluveitieはギターのサウンドもよく練ってあってヘヴィで痛烈なトーンのギターサウンドを奏でている。メタルバンドとしても素晴らしい能力を持ち合わせている

フォークメタルという意味ではなくメロデスという意味でもこの分野を引っ張っていけるほどのポテンシャルと力強さを感じた楽曲に衝撃を受けたん




◇3位「INTERVALS - ATLAS HOUR

近年一番感動したdjent!そしてやさしさに満ち溢れた楽曲に感動がとまらない!!

今日のこの記事の中で一番最新の楽曲であるけれど、それ故に思い入れも衝撃もすぐに思い出せる
Intervalsが初めて歌入りのアルバムをリリースするということで、公式から何曲かアップされる中出てきた↑の楽曲・・・djentバンドでもインストとしての認識が強かった私は不安でいっぱいだった

そしてそれが大きな感動へと変わった

楽曲中に散りばめられた情緒というスパイス、思わず目を覆いたくなるような悲しくもそっとした重みのあるBメロ・・・そしてなんと言ってもラスト4:25~からの昇天展開が最高に堪らない!

以前にこの曲が入ったアルバムが去年の1位になった時も記載しましたが、やっぱりこの部分が本当に・・・もう・・・・・・・h・ぁ・

今でもこんなに感情がこぼれ出しそうなのに、最初聞いた時の衝撃はすごかった・・思わず笑みがこぼれた。それで体が固まった
世の中にある本当に素晴らしい楽曲を聴き終えると体が固まってしまうことがある。きっと本当だと





◇2位「Children Of Bodom - Needled 24/7

メロデスの最強を知った!破壊的すぎる魅力を持った攻撃的なメロデス!!

昔、Amazonのレビューで誰かが「人生におけるメタルで衝撃を受けた楽曲で、Iron Maidenの"Aces High"などがあるがChildren Of Bodomの"Needled 24/7"はそれと同等の衝撃を受けた
ほとんど覚えてないのでこんな感じだったと思いますが、私も似たような感想でした

元々ギターインストをメタルよりも先に好んで聴き、速弾きやスイープ・・とにかく技術重視の曲芸的な部分で音楽を求めていた部分が強く出ていた時期がありました。
それで・・・何だったか・・FFのAMVかなんかでチルボドのTouch Like Angel Of DeathのTokyo Live バージョンみたいなのが曲に使われてて、それで初めてチルボドを知り
イントロの部分が超カッコよくて・・それが映画「ザ・ロック」のサウンドトラック部分のカバーだとも知らずにチルボドを調べ、初めて聴いた彼らのちゃんとした楽曲が↑でした

疾走!思いきやキーボードとの絡みが最高に堪らない!

基本高速で進み、途中のギターソロ手前の展開はメロディックでバカテクなギターが好きな小僧でもハッとなるような楽曲展開が待っており、キーボードの煌びやかなサウンドが包んだ後に期待通り繰り出される高速ギターソロは最高すぎる・・
正直チルボドを知ってからは長い期間チルボド以外の音楽を聴かなかった・・・大音量でメロディの洪水を浴びるやみつき加減が堪らなかったん







1位は











◇1位「Metallica - Master Of Puppets

初めて楽曲で"静"と"動"を知った!!

メタリカらん
塾に行きたい

元々メタルを始めて聴いたのはサバスの"Paranoid"
ベタにBon Joviなどからハードロックを知り、洋楽の古くのハードロックを聴きたくなり次第に広げていくうちにこの偉大すぎるバンドに出会ったMetallica
この曲を始めて聴いたときは実はまともに聴いておらず、何か作業をしながら聴いていた・・・正直そんな程度の認識で聴いていました

途中までは特に違和感なく聴いており、ああ、ヘヴィメタルだ・・みたいなあほな感想を持って流しながら聴いていたのです

3:30~

・・・・・・・・・・!?


思わず振り向いた

音の出るスピーカーに思わず振り向いてしまったのだ

今までにアップテンポの楽曲がまともに変化するような楽曲を聴いたことがなかったという浅い知識というのもそうですが、初めて聴いた衝撃とその後のツインギターの哀愁漂う悲しいソロメロディ・・・この部分が堪らなく好きになり何度も聴いてしまった

そしてまた激しくなる楽曲・・思わずもう一度バンド名を見たMetallica
世界にはこんなドラマティックに曲を奏でるバンドがいるのか

そこからメタルなどの激しい音楽を好んで聴くようになりました
ああ終わり

























衝撃を受けた楽曲なんで好きな曲かというとまた違います
でもやっぱり違うことしないと何も変わらない
楽しかったねじゃん

試そうとしていることが
駄目だと判断して終わるかもしれない

でもやっぱりB'zは最高だ(まとめ)


そんな、素晴らしいバンドと楽曲等々・・要チェックだ!
スポンサーサイト

【今日のメタル 第200回記念】「過去に衝撃を受けたメタル等々」【10~5位】

くらして

今日でこれで"今日のメタル"が200回もやっとことになります
ちゃんと見れば100回だろう



何もせずこのままやってしまっては区切りにもなられん
私が過去聴いてきたメタル等々で衝撃を受けたもの・・なんだそれは
将来見た時に・・きっと良かったと思うため
ここに記す





◇10位「Despite Exile - Perfection Neutralized

ハイクオリティデスコアと超変則的なサビメロのコンビネーション!!

Despite Exileを知ったのは"Blank TV"チャンネルで、初めて知った曲も↑これだった。
その時期の特徴として私はデスボイス・・特にスクリームをふんだんに使うバンドを好んでいた為・・序盤から金属で刻むようなざくざくしたリフとグロウルに期待が高まった
そして強烈なクオリティのままサビメロへ・・・そこで驚いた。こんなサビメロは今まで聴いたことない・・ッ!
ハッキリとしたトーンの冷たく重いリフが、サビメロで初めてコードの広がったサウンドにちょっとした温かみを持ち、新鮮さを感じたと思いきや、そのメロディをほぼ重複させることなくデスボイスと一緒にあっという間に駆け抜けるサビメロ・・
サビメロの後の熱いコーラスや始めてみせる解りやすいメロディ展開など驚きぱなしの展開の連続だった

まだ、メジャーになりきれてない感じのバンドですけどこのサビメロの強烈な印象は忘れない




◇9位「Emperor - Empty

初めて怖いと思ったメタル楽曲

世の中には"聞いたら死ぬ曲"とか"ホラー音楽"などの楽曲や分野がありますが、メタルに限って怖い曲はないんだ・・・多分
ブラックメタルとか怖がらせようとしてるのかどうかは正直解りませんが、結局カッコよかったら怖いなんて感情吹き飛んで熱くなってしまう・・せやろぁぁぁぁぁぁぁ

でもブラックメタルで有名なバンドで検索して出てきたこのEmperorという超有名バンド・・・私にとっては見たこともない存在
そして始めて聴いてしまったのが↑の楽曲。
いきなり爆走というより本当に急に始まったような展開・・簡単なトレモロリフをかき鳴らすのではなく7弦ギターのブリッジミュートした重みを上手く使い不気味ながらもメロディックに奏でている
周りのシンセや途中から入るデスVoもそうですが・・私はこのブリッジミュートした7弦の刻みがなんとも気持ち悪く・・何かが迫ってくるような感じがした・・

今ではちゃんと聞けますが、当時見たMusic Videoとか一緒に見るとちょっとブルッとする・・強烈な印象は忘れな(ry




◇8位「Eskimo Callboy - Is Anyone Up

初めて聴いたピコリーモは楽しすぎてウキウキ!!

元々お祭り系のテンポというか・・雰囲気のある楽曲が好きだった。
B'z」の初めて買ったベスト"Pleasure"でもJ-POP最高楽曲とも言われる"LOVE PHANTOM"より"love me i love you"の方が好きだった

そんな心の奥底に眠っていたお祭り系の楽しいノリの楽曲に、その時聴いていたメタルばっかりの楽曲で始めてであったジャンルピコリーモバンドがEskimo Callboy。
初めて聴いた楽曲がこれではないですが、初めて聴いた楽曲が"Blank TV"で流し見で聴いてたのであまり印象に残ってなかったのもあってこの楽曲が強烈に印象に残っている
EDM風味のゆっくりと盛り上がっていく序盤のメロディから、「来るのか・・?」と思っていたら期待通りやってくる激しいディスとーションサウンド・・そして滅茶苦茶キャッチーなサビメロメロディ!

このサビメロの後のデスボイスも何気に強烈で、ガラガラ言ってるとこもあるし・・メタルとしての満足感と楽しさとしての満足感両方を兼ね備えた・・強烈な印象は忘れ(ry




◇8位「As I Lay Dying - Parallels

熱い!熱すぎる!メタルコアはこんなにもドラマティックで感動的だったのか!!

このAs I Lay Dyingの↑の楽曲を聴いた頃はメタルコアを聴いてまだ初期の頃・・「All That Remains」とかではしゃいでたでござる
メタルコアというジャンルで有名なバンドだということで色々聴いていって、なんか目に付くサムネイルがあったので見てみたら↑のMusic Videoだった。
掴みのある序盤のメロディから解りやすく爆走・・初心者でも解りやすい展開に体が解りやすくノルことが出来、そして溜め込んでからの超キャッチーで堪らないクリーンボイスのサビメロ!

ちゃんとギター好きも楽しめるギターソロもあるし、最後にラストとしてキャッチーなサビメロを期待通り持ってきてまさに完全燃焼で終われる楽曲。当時聴いたときは少し放心状態だった
Youtubeのコメント欄に「最高のメタルコア楽曲?」みたいなコメントがありましたが、別にいいと思う・・その後に色々反論コメントあったけど、これに敵う楽曲はなかなか存在しない
メタルコアが大好きになったこの楽曲の強烈な印象を忘(ry




◇6位「Heartist - Disconnected

満点ポスハコと最強すぎるVoの組み合わせの衝撃!!


この頃丁度「Periphery」にハマっていて、Voのスペンサーの歌唱力がハンパないことに脱帽しながらヘビロテしてたけど、まさかこんなことになるとは
まさかのロードランナーという意外なレーベルから圧倒的表現力のあるハイトーンボイスのVoのいるバンドが出てくるとは思いもしなかった
序盤からVoが入るまでは普遍的というか全然良いポストーハードコアサウンド、その後のVoがまずいきなりグロウルで下から激しく攻めて来る
そしてその後のこのBeckleyのクリーンボイスでやられてしまう・・演歌のこぶしにも似たクイックの聴いた力と粘り強い声質は鳥肌しかない

↑の曲の入ったアルバムのデビューEPを超えるポストハードコアの作品はほぼないといってもいいほどの完成品で、1曲1曲どれもBeckleyの声が煌く楽曲達の強烈な印象を(ry




◇5位「We Came As Romans - To Move On Is To Grow

初めて聴いたデスボイスとクリーンボイスの絡み!そして初めてで最高のスクリーモ!!

この楽曲というかWe Came As Romansを始めて聴いたのは結構昔で、やっとメロデスの波から開放された辺りの時だった
たまたま・・本当にたまたま出会った楽曲でスクリーモという存在もはじめて知った
ディストーションギターでメタルと同じ厚みのある楽曲なのにとても聴きやすい・・冷たく突き放すようなメタルの香りではなく、体に染みる曲展開
プログレッシブに思い通りに進まない今までに聴いたことない楽曲展開と、常に重くも耳の神経がサウンドを逃そうとしないサウンドと歌メロ・・
サビメロで開放される楽器陣のたまったパワーの炸裂・・そしてクリーンボイスのクリアで上手く空間処理された広がりのある伸びやかなボイス。そして常に曲を熱く滾らせるデスVoの存在

何もかも新鮮で気持ちよくて堪らなかった・・
今現在のWe Came As Romansはだいぶ変わってしまったけど、私の中では素晴らしいバンドだということに変わりはないです。
感動と新たなジャンルを教えてくれた強烈な印象(ry



















もうやらない
そんな目で見ないで


4位~1位はこちら!→

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。