FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

【速報】Guitar Idol 8の優勝者が決定!!



公式サイト及び公式Facebookからの発表はまだですが、ブラジルの情報サイトより優勝者は・・・・・」


























「優勝者はPaulo Romao Zorbaさん
Best Live Performance賞はCacá Barrosさんとの情報がありました!!」


「下記のCacá BarrosさんのFacebookの情報が一番わかりやすいかと思います」




「驚いたことにお二人共ブラジル出身で、結果的にワンツーフィニッシュになるそうだ

「公式発表ではないので万が一...の場合もあるかもしれないが、恐らく間違いないと思います。その他、詳細は後日また記事で報告いたします」



とにかくおめでとう!Paulo Romao Zorbaさん!!

pauro r2



スポンサーサイト

Guitar Idol 8のファイナリストがついに決定!!


遅せええええええええええええええええええ!!!!!!!!!

「Guitar Idol 8の公式Facebookにてファイナリストが10月15日に発表されていのだが・・・」

「前回のTOP25人の発表から半年以上経過して音沙汰もなかったのに急に発表ときたのだから・・・もうビックリよ」

「今までのGuitar Idolでもここまでファイナリスト発表まで長かったのは無いんじゃないかな?」

「ただ今までのGuitar Idolのファイナルで行われるロンドンでのライブは大体この時期なんだよな・・・もしかしたら元からこの時期にやるって決まってるのかもね

「ちなみにファイナルのロンドンで行われるライブは11月11日に開催予定だそうだ。ちなみに全部これらはFacebookの情報で、Guitar Idol公式サイトはなんら変化がないのはどうなのだろうか?・・・正直それで情報の共有にも遅れてしまったという・・(言い訳)

「まあ決まった以上うだうだ言っていても仕方ない・・・」

「こちらが待ちに待たされたファイナリスト達のメンバーだッ!!」
















◆Diego Godoy






◆Matt Chanway






◆Francisco Torres (FL Doomer)






◆Dimas Andrade






◆Paulo Romao Zorba






◆Cacá Barros






◆Carlos Arcay





「以上の7名のギタリストになります」

「やったじゃん博士。このサイトで記事にしたギタリストが4人もいるよ!」

「本当だな。前回もそうだったが大分予想を当てれるようになってきたな」

「ただ今回のエントリー者総数が100人ちょっとしか出場されてないから確率自体は高いのよね・・・」


「博士のイチオシだった「Syndrone」さんとか「Lorenzo Venza」さんは入ってないね」

「そうだな・・でも結果として好みのギタリストが見つかって私としては大変良い出会いとなったよ。Syndoneさんはアルバムも買ったしね。・・・意外なのは今回のファイナリストでメタル系のギタリストが3人以上いることだな。今までのGuitar Idolでも居ても1人か2人だったのが3人以上もいるってのは意外だね・・・昨今のギターインスト界、Djnet、マスロック系の最先端のジャンルの流れから考えて、評価の形式が少し変わってきているのかもしれないね

「なるほど・・・」

「ちなみに博士は誰が優勝すると思う?」

「お、来たな。私は今回は本命が「Diego Godoy」さん、対抗が「Cacá Barros」さん、穴が「Zorba」さんかな」

「私は本命が「FL Doomer」さん、対抗が「Diego Godoy」さん、穴が「Dimas Andrade」さんだね」

「なるほどな・・・やっぱりDiegoさんはお互い高めの予想をしているな」

「だって将来Jamtrack Centralで弾いてる姿が想像できるもんね。私は、残りはほとんど好みだけど」

「のほほんとしてるけどこの娘、前回優勝者当ててるからな・・・」 -前回大会の予想-

「私は個人的にZorbaさんを入れているのが、博士の好み的に意外かも」

「ファイナリストの中で特に浮遊感がありならも爽やかな空気を醸し出す、曲の雰囲気というものを大事にしているギタリストに感じるし、テクニカルではなく正確にメロディを訴えるという意味では第2回Guitar Idol優勝者の「Jack Thammarat」さんに通ずるものがあると思うんだ。それにZorbaさんは今大会ファイナリストの中で唯一違う大きな強みがある・・・」

「それは・・・?」

「立って弾いてる。」

「・・・なるほど」




そんな、ついに発表されたファイナルが楽しみな大会「Guitar Idol 8」・・要チェックだ!

【修正版】Guitar Idol 8のオンラインファイナル25人が決定!!

2017年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8が開催決定!?

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!






「おはようございます」

「3月13日に発表したGuitar Idol 8の"オンラインファイナル25人"の記事ですが、最新の公式サイトのリストで変更があったのか何なのか、何人か変わっていたみたいなのでこちらは修正の記事です」

「なので3月13日の記事は誤解を与えないように削除させていただこうかと思います」

「念のため、その時の25人の名簿はこちらにも書いておきますね」


-公式-



※太字はブログで記事にしたギタリスト



◆ファイナル25名◆

MATTHEW CHANWAY
LUIS CASTILLO
CARLOS ARCAY
SHAWN CHRISTIE
FRANCISCO TORRES
DAVIDE CELLETTI
MIKE KERR
JEAN JEAN
DIEGO GODOY
ANOUCK ANDRE
CALEBE BARROS
TATIANA PARÁ
ELIAS JUNIOR
RAPHAEL BRAGA
NIKOLA KRSTOVIC
Marco Puglisi(Syndrone)
JACK HAIGH
PAULO ROMAO
NICK JOHNSON
CRAIG PIRTLE
IAN BEMOLATOR
MARCELO ROMERO
DIMAS ANDRADE
HO HA
GUSTAVO DI PADUA


「以上の25名のギタリストの方々です」


◇ファイナル25名◇ ※こちらは3月13日に発表されたリスト

Chris Bedward
Craig Pirtle
Murillo Xavier
Brian Hunsaker
Robert Short
Mauro Hector
Matheus Mangini dos Santos
Tatiana Pará
Marco Henriques
Dimas Andrade
Fernando Cozzupoli
Eduardo Enrique Salas Ortiz
Agnes Lázaro
Ian Bemolator
Felipe Costa
Raphael Braga
Alex Nellson
Leopoldo Nantes
Luis Castillo
Diego Godoy
Angelo Galiazzi
Rodrigo García
Jean Jean
Calebe Barros
Guilherme Augusto Leite Costa




「前もやったんですが!」

「落ち着いて」

「いくら発表されている人の名前が変わったとしても、また何か言うほどコメント力持ってないよ私!」

「分かってるって。でも見ていて気付かないか・・?」

「・・・・・・・・あ」

前のTOP25人の時より、記事にしたギタリストの人数が多い!?

「そうなのよ。これは私のギター聴き力が確かに間違っていなかったことを示していると思わないかね?」

「そんな聴いたことない頭の悪そうなステータスで言われても・・・」

「まあ、とにかく我々としてはブログで記事にしたギタリスト達がファイナルに行く可能性が高いのだから、応援する熱も色々と上がるだろう?」

「そう・・・なのかな・・?」

そうとも!そして・・恐らく次に発表されるのがファイナリスト達!期待が高まるだろう!?

「でも・・これでまた新たなTOP25人が発表されたら・・・」

「・・・やめろ」



そんな、ファイナルがついに決まる・・?「Guitar Idol 8」・・要チェックだ!

Guitar Idol 8のオンラインファイナル100人が決定!!

【修正版】Guitar Idol 8のオンラインファイナル25人が決定!!

2017年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8が開催決定!?






「おはようございます」

「ファイナリストが発表されると思われる27日にGuitar idol公式ホームページを確認したところ、TOP100人が発表されていたので念のためこちらを記事にさせていただきます」

た、助かったなんて思ってないから・・










◆ファイナル100名◆

FREDRIK PIHL
SUTTICHAI KEEREEPAIBOOL
ANGELO GALIAZZI
ADOLFO JIMÉNEZ
MATTHEW CHANWAY
LUIS CASTILLO
ANDRÉ GOMES
LUCAS PEREIRA DE SOUZA
ABNER MACENA
JOHN ROBSON
CARLOS ARCAY
WEVERTON DIAS
MICHAEL TAMONDONG
LEOPOLDO NANTES
FLAVIO FORMIGA
SHAWN CHRISTIE
PASHA TRIPUT
ANDREA RESTA
FRANCISCO TORRES
DAVIDE CELLETTI
LORENZO VENZA
SZERHIJ KASZINEC
MATIAS BAHAMONDES
MIKE KERR
JEAN JEAN
MATHEUS MANGINI DOS SANTOS
REILLY PRIOR
MARCO ROTH
DIEGO GODOY
JOSEP SULLER
JEROME LA JEJE
ANOUCK ANDRE
PHILIPPE ROUVRAY
XAVIER BOSCHER
RIAN AHMAD FAUZY
CALEBE BARROS
TATIANA PARÁ
MAURO HECTOR
ROBERT SHORT
MATHEUS BARBOSA
ELIAS JUNIOR
FEDERICO ZAVADSZKY
RAPHAEL BRAGA
LUPPINGER ATTILA
GUILHERME AUGUSTO LEITE COSTA
NIKOLA KRSTOVIC
FERNANDO COZZUPOLI
OVIS IRWAN OVIS
IVAN VEJARANO
ANDRES MAURICIO NUÑEZ
FERENC ULBERT
CHRIS BEDWARD
VIVIAN BROOKE
MURILLO XAVIER
MAYCON BIANCHI
MARCO ANTONIO LIMA
MARCO HENRIQUES
SANDERSON HIGINO
MARCO PUGLISI
MAURICIO CAILET
LUCAS RIJANA
MASAYUKI OKAYASU
RAFAEL SOUZA
MATT KRAFT
JACK HAIGH
ALEX NELLSON
CHARLES ROUSSEL
FELIPE COSTA
PAULO ROMAO
MATT SIMON
MARCHRISTIAN GREGG LIGUTAN
VLADIMIR MAISIUK
TEERAWAT PUNAYAPRAYOON
EDUARDO ENRIQUE SALAS ORTIZ
SUVANKAR GHOSH
AGNES LÁZARO
NICK JOHNSON
LUCKSYA TUDU
BRANDON D'EON
FILIPPO DALL'ASTA
ALAN BELÊSA
CRAIG PIRTLE
MARCO PISANI
IAN BEMOLATOR
KRIKOR AWAKIAN
DAVIT NERSESYAN
ALEX BOLDIN
MARCELO ROMERO
DIMAS ANDRADE
LEO GIBSON
MARKUS HOFER
CARLO CORONATO
RAFAEL SOARES
THIAGO BAILL
SURYA SIHOMBING
SANTARELLI JUNIOR
HO HA
BRIAN HUNSAKER
GUSTAVO DI PADUA



※太字がブログで記事にしたギタリスト




「以上99名の方々です」

100人違うじゃん!!

「私も公式サイトで何度も確認したのだが、99人だったのだよ・・・。公式が数え間違えたのか単にサイトに表示されないだけなのか・・・私の数え間違いだと思いたい・・」

「というか、何で今更TOP100人なの?先にTOP25人記事にしておいて」

「私がTOP25を記事にした"3月13日"の公式ホームページ上では確かにTOP25人が発表されていて、何度も変わっていたスケジュールの中でも一応3月13日がTOP25人の発表日だったんだよね」

「実は過去のGuitar Idolでもファイナリストが決まった後でも、公式ファイナリストの動画とTOP100人のエントリー動画が見れたり出来たんだよ。・・・個人的な予想だけど、恐らくもうすぐファイナリストが発表されるからホームページをファイナリストが決まった後の仕様に変更しているんじゃないかな」

「過去のGuitar Idolのホームページが、ファイナリスト決まった後TOP25人が見れなくなっていたのかまではちょっと覚えていないがな」

「ふーん。じゃあもうすぐファイナリスト決まるんだね」

「たぶんね」

・・・あの人あの人とか・・・絶対来るだろうなー

(適当っぽいけどこの娘、前回優勝者当ててるからなぁ・・・)





そんな、ファイナリストが気になる大会「Guitar Idol 8」・・要チェックだ!

【Guitar Idol 8】Gustavo Di Padua - Life's Changing【1回戦】

2017年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8が開催決定!?

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!








「1週間前は何してた?」

「・・・・・・」




ついに元ファイナリストの実力者が登場!Gustavo Di Padua!!

「と、言われても知らない人だよ~」

「・・・・・・・」

「博士?」

「あ、すまない・・。一週間前の事が本当に思い出せなくて・・・」

「えぇ・・・」

「そういえば今日の出場者だな。この人はまさにGuitar Idolをよく知っている人にはご存知の「Gustavo Di Padua」さんだ。第1回Guitar Idolのファイナリストであり、さらに第2回のGuitar Idolでもファイナリストという・・2大会連続のファイナリストという数少ない成績を持つまさにGuitar Idol運営にも認められた相当な実力者だよ」

「Wao・・すごそう」

「ちなみに過去に2度ファイナルに勝ち進んだギタリストはGustavoさん以外に「Daniele Gottardo」「Jack Gardiner」「Hedras Ramos」「Muris Varajic」さんなどしかいないんだ。・・・・・・・・・・よく見たら結構いたな・・



↑の動画の見どころ



「わあ・・・すごい。(てきとう)」

「序盤はギターオンリーの開放弦を交えた素早いフレーズからグルーヴィーなバンドサウンドが入ってくる形だ。・・・何気にギターサウンドがまさに歪み以外の余計なエフェクトは入れ込まない男のロックサウンドとなっているな・・・映像や演奏を見ても当てフリではなく本当に弾いているようなリアリティのあるもっさり感が、本番の舞台での強さを表現しているかのような貫禄だ

「1:02~からのストラト特有の歪みが気持ちいいね。」

「フロントピックアップに変更しシングルコイルながらも太みのあるサウンドがこれまでと違う印象を聴き手に与えている。それでいてこの辺りのパートのフレーズはよりグルーヴィーになりファンキー感も感じられる楽しさが印象的だ。時折出てくる下降するミュートした速弾きフレーズも良いアクセントになっている」

「2:06~からのギターフレーズ好き💖」

「序盤でもあった開放弦を交えたフレーズだな。ただ単に開放弦のままにするのではなく時折ミュートしてフレットを抑える時のサウンドの存在感を高めているのがさすがの技術だと感じる。それを立ちながら動いて演奏するというスキルも感服だね」

「2:22~から・・・・・歌・い・始・め・た?

「Gustavoさんはギターインストオンリーではなくソングライターとしての一面も持っている。Gustavoさんの公式チャンネルでロックバンドとして演奏している動画もあるぞ」

「3:20~からがこの曲のソロ部分だよね。バッキングも含めてGustavoさんが担当しているから色々と大変そう・・・」

「君の言う通りバッキングのギターが無くなってしまうとどうしても楽曲の厚みが減ってしまう分、ソロを弾くギターの雰囲気を持続させる演奏がかなり問われてくるのだが、ここはさすがのGustavoさんだね。ピロピロとした超絶テクニックのフレーズも涼しくこなす中で、各フレーズの落としどころをきっちりと決めて楽曲のグルーブ感を壊さないように注意を払っている。ソロ後半でのベースとのユニゾンフレーズも愉快で素晴らしいな」

「ソロの後は曲の前半であった展開の繰り返しって感じだね」

「時折「終わった・・?」と、思わせておいて終わらない聴き手を楽しませる部分もあったりと最後まで楽し気な展開だったな」






曲はそんな感じで終了。

























「思ったより超絶テクニックって感じじゃないんだね」

「超絶テクがソロフレーズのみではないのだよ。ファンキーでグルーヴィーなバッキングを1本のギターで弾きこなすのも似たものだ。Gustavoさんの過去の作品には超絶にピロピロしているのもあるし、実際そのテクニックの片鱗はソロ部分で感じ取れただろう?」

「う~ん・・確かに」

「でも久しぶりにGustavoさんの楽曲を聴いたから、私自身も結構新鮮な感じがしたね」

「へー」

「ちなみに私は過去の実績から考えてファイナル行きの可能性はかなり高いと思うぞ。・・・君はどう思う?」

「そりゃあ・・・行くでしょ多分」

「だよな。しかし・・・これで実際にそうなったら史上初の3度目のファイナリストになるな」

「そうなったら、次回からは審査員になったほうがいいね・・・」




そんな、激しくも研ぎ澄まされた演奏は変わらないギタリスト「Gustavo Di Padua」・・要チェックだ!
次のページ