FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のインスト【第293回】「Gustavo Guerra - Malakoi」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「ご存知第1回Guitar Idol優勝者の「Gustavo Guerra」さんのジャム動画だ。過去楽曲の"Na Veia"にも似たミドルテンポのロックにGuerraさんのリードメロディが縦横無尽に駆け巡るといった感じだな。相変わらずの全ての演奏技術の高さにストラトによる絶妙に枯れたシングルコイルサウンドが特徴的で気持ちいい・・・ぞ」

「シンプルなフレーズを弾いた後にハイブリッドな高速フレーズを繰り出すんだけど、それのもたつきが一切感じられないというか・・・笑顔で弾いていたり、本当にギターヒーローって感じがするね」

「ジャム動画だと思うのですが、出てくる出てくるフレーズがしっかりと個々の存在感を放っているというか・・・文句のつけようがないとはこのことでしょうね」




「近年はGustavoさんの公式チャンネルの動画アップ頻度が高くなってなりよりである。一時期パッタリ動画をアップしなかったからな」

「さすが初代優勝者・・・実力派本物だった・・」

「第1回のGuitar Idolなんてもう10年以上前だからなぁ、でもあれからテクも何も劣化せずやってこれたのってすごいと思う」

「というわけで過去作のGuerraさんのアルバムを↓に貼っておきます」

「歌ありの楽曲は入っているのですか?」

ちょっと!インストで話が盛り上がってるのよ!邪魔しないで頂戴!

「え!?......(というか何故オカマ...)」


スポンサーサイト



今日のインスト【第292回】「Don Alder - Dancing with Spin Doctors」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「第3回Guitar Idolの優勝者である「Don Alder」さんの新曲・・・という訳ではないが、得意のアコースティックで演奏しそうな楽曲をエレキでバンドアレンジしたのが↑の動画だ。絶妙なところでニヤっとしたくなるようなメロディが堪らないだろう・・・ソロギターでは表現できないバンドアレンジとクリーントーンのエレキがテンポの良い楽曲にナイスマッチしているな」

「ピッキングハーモニクスで音が広がっていくところや、48秒辺りのメロディが変化してソロギターでやりそうな部分をエレキで表現しているのがすごい好き」

「立って楽しそうに演奏しているところも、楽曲に合って魅力的ですね」




「↑の楽曲はソロギターでも演奏されているので是非聴き比べてもらいたい」



「これはこれで素朴で良い雰囲気ですね」

「そうだけど、先ほどの感想の「立って演奏してて楽しそう」って・・・小学生みたいな感想で恥ずかしくないのか?」

「いやいや、思ったまでを口にしただけですし」

「でも専門外だからって、もう少しぐらい頑張ってもらいたいんだがなー」

「・・・(#^ω^)ビキビキ)」

「喧嘩すんな!」


今日のインスト【第291回】「Charlie Robbins - Trail of Lights」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「Djent系のギターインストと言えばそれまでだが、リードが歌うギターインストにもお洒落なテクニックが光るDjnet系のどちらの分野にも属さないと感じられる絶妙な楽曲だと私は思う。0:38~からの高低差あるフレーズはメロディラインなど安易ではない考えられたものだが、どこか懐かしく安心してしまうような温かみがある・・・途中からベタなハモリになるのも良いなぁ」

「特に目立つテクニックとかインパクトがあるわけじゃないけど、メロディがしっかりしてて気が付いたら最後まで聴けちゃうような楽曲構成がスゴイね」

「明るさのある楽曲かと思えば、どこか暗さも兼ね備えている・・・そんな雰囲気ですね」




「後で気づいたのだが、↑の曲はCharlieさんの所属するバンドの「Artificial Language」というバンドの歌あり楽曲だったようだ。↓



聴きやすい歌メロに、やたらと主張するギター...かなり良い感じのバンドじゃないですか!アルバムは5月17日に発売済みだと・・・!?」

「これは買いですね」

「・・・何か内容取られてもうた」

「どんまい」





今日のインスト【第290回】「Moray Pringle - Stabs」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「いきなりリードから始まる驚きと、今では中々無さそうなほどの明るくファンキーなナンバーがニヤけてしまうな。個人的には映像を見ていれば分かるかもしれないが、左手のフレットポジションはあまり動いていないのに聴いていて飽きないメロディセンスがやるな・・・と思う。ガスリーモデルのシングルコイルサウンドも楽曲に抜群に合っていて素晴らしい

「楽曲を通して特に速いシュレッドは特に無いんだけど、ピッキングの仕方とか時々ミュートを混ぜたりしてバックのサウンドに合わせたファンキーな世界観を演出しているね。サビメロ辺りのギターハーモニーもキャッチーだし・・・個人的にすごい好きかな」

「楽曲は伝統的なスタイルのロック/ファンクですが、バッキングのハキハキした間の取り方やハイクオリティなサウンドは現代風で・・・新しいスタイルを感じさせますね」




「↑の楽曲は既に発売中で、7月19日にはEPもリリース予定だ」

「Guitar Playthrough動画って大抵メタル系が多いのにこれは意外だったよね」

「それはあるな」

「可愛いアイドルが歌うアルバムの中にピッグススクイールばりばり入ったデスコアが入っていると、ファンもきっと「おっ」てなるのと一緒だ」

無いからそんなの!



今日のインスト【第289回】「Lari Basilio - Super Sweet Riffs and Solo」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「Lari Basilioさんのロック・フュージョン系を軸とした爽やかな楽曲だ。「Ssper Sweet」と名の通り、聴きやすく絶妙に枯れたシングルコイルサウンドが癖になる。リフのどこか何度も聴いてしまいたくなる病みつき感や、ソロの女性とは思えない秀逸なメロディ・・・どれをとってもレベルが高い」

「リフはカッティング風にやってるけど途中でミュートした単音を混ぜたりして、そこが良いアクセントになってるよね。ソロは特にテクニカルっていう訳じゃないのに、聴いてて気持ちよくなってくるよ」

「リフやソロの一部で結構手首を使ったピッキングをされますが、ノイズやミスをせずに単音を軽々と弾いていることが中々すごいと思います」




「↑の楽曲はアルバム未収録の楽曲だからまだ発売はされていないけど、Lariさんの過去作だけ貼っておきますね」

「ちなみにJTCの公式サイトからギタリスト向けのパッケージとしてダウンロード購入は可能だ」⇒ ◆JTC◆

「ギターもキラキラした紫のテレキャスで可愛い♡」

「Suhrのテレキャスで30万位しますからもっとお高いでしょうね」

「高ッ・・・私には関係のない話だった」


次のページ