FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のアイリッシュ【第59回】「KAZ KAN ZIE - Vampira Negra」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






ある所に人形師がいました。人形師は人形を自分で作り、自分で人形劇を行い収益を得ていました。彼の人形は色々なものがあり、糸を使うあやつり人形や細かい動きまで出来るからくり人形など色々ある中、その日彼はねじ式の人形を使っていました。簡単な動きしか出来ないですが、小さい子供はとても喜ぶのでよく使っていました。その日も盛況に終わった夜、彼の寝床である宿舎で異音がします。彼が起きて音の方角へ向かうとねじ式の人形が動いていました。簡単な回転だけですが、恐ろしいことに一度も止まることなく動き続けているのです。最初は怖くなって逃げようとした人形師も、何故だか人形がいつ止まるのか気になりそのまま朝になってしまいました。彼の知り合いが彼に声を掛けようとすると人形は止まってしまい、彼もそれを見届けた後疲れて眠ってしまいました。
そんな奇妙な事がその後、夜な夜な毎日のように起こり、彼は何故かその人形をただただ眺め続けるという日々が続いていました。ある日彼はその人形に合わせて他の人形を加えて軽い人形劇のようなものをやってみました。ねじ式の人形は回転しか出来ないのに首を動かし他の人形に合わせて劇を初めました。恐ろしさよりも今まで出来たことないような精巧な動きの人形に感動し、彼は誰も観客のいない深夜、人形劇を繰り広げていました。
ちなみにこのことを誰に話しても信用してくれず、昼間の人形劇でやってみようとしても、ねじ式の人形はただねじを巻いた分だけの回転しかせず、彼は苦い思いをしていましたが不思議と心は晴れやかでした。自分しか知らない人形の表情と動き、世界を堪能できるのだから





「速いメロディがあるわけじゃないけど、しっかりと世界観に浸れるメロディが良いだろうぅ?」

「アルバムは公式サイトのメールから注文をすればいいっぽいけど、結構大変そうだね」

「↓に公式サイトのリンクを貼っておきます」

「誰かフォーク演奏者のCD、配信を一挙に集めた夢のようなサイトを作っておくれ・・・(願望)」


- 公式サイト -
スポンサーサイト



今日のアイリッシュ【第58回】「Project West - Plump Pigeon」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






素直になれないほど、自分にとってマイナスなことばかり起こるように感じてしまう。村で堤防を作るだとかの話を聞いていつも通り、嫌味なことを皆に吹いて自分の部屋に閉じこもっている、別にそれでいいと思っている、でも時々自分が誰からも相手をされなくなってしまうような不安に陥る時がある・・・なんて勝手なんだろうか・・と言う感想すらも近頃は感じなくなっていた、正真正銘のクズの誕生だ。
そしてその日がやってくた。大嵐が起こると言われるその日は、前日から雲の様子がおかしく皆外出は控えていた。川辺に近いこの村は水害が起こったことは少なくない・・・だけど、そんな不安から解消すべくも提案されたのが堤防である。
私は言った。「なぜ先人達がやろうとしなかったと思うか?」「全て無駄だからだ」「非難すべきなんだ」本当に思ったことでも私が言えばとても嫌味ったらしくてありゃしない。いつもなら非難しているこの時間にも私は家の奥に塞ぎ込んでいた・・・もし水害で私が亡くなれば皆の胸のつかえもとれるだろう・・・そんなことばかり考えていた。
しかし考えていたのも束の間、ものすごい轟音が鳴り響いたかと思うと家の中に川の水が・・・そしてあっという間に家を飲み込もうという勢いで水位が上がっていく。私は流されて力も出せないまま柱につかまり、そのまま意識が薄れていった。
目が覚めると村の者たちが数人、場所は私の家があったであろうという所。「何をしていたんだ!」「心配したんだぞ!」などの声が聞こえる中、ある者の説明で私の訴えが取り入れられたのか堤防を作っておきながら皆遠くの丘の上に避難していたのだ。「お前のおかげだ」なんて言われたが私は何故生きてしまったのかと、ここまで来て皆に迷惑をかける自分が情けなくて仕方ない・・・。
まだ天候が良くないのか雨がしとしとと降り注ぐ中、私は皆に心配されないよう・・雨にごまかして泣いた





「・・・なんか自分でも何書いてんのか意味分かんないね」

「↑の曲が入ったアルバムはSoundcloudで視聴できるけど、ダウンロード・・販売はしてないっぽい?探したけど見つかんないです」

「それにしても、2016辺りから色々と更新ないのは何故なんだろう・・・?」


- Soundcloud -

今日のアイリッシュ【第57回】「Phil Hardy and friends - Tobys' Trip To Sussex」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






隣の家に住む兄ちゃんは僕よりも体が大きくて運動神経も良いんだ。でも、それが分かってるから僕が勝てっこない"かけっこ"や"幅跳び"で勝負したりで意地悪な兄ちゃんなんだ。でも色んな行ったことない秘密の場所や、見たこともないおもちゃを持ってきて見せてくれたりするから僕は嫌いじゃない人なんだよね。
そんなある日、またいつものようにかけっこで勝負しようって言ってきた。その日はちょっと趣向を凝らして障害物を色々と決めてのかけっこ勝負になったのだけど・・・いつも通り負けるんだろうなって思って僕は走った。人の家の隙間を通り抜けたり、前が見えないほど生い茂った草木を分けたり・・・大変だ・・もう帰りたい・・・。そして最後に少し幅のある川を飛び越えるところで僕は嫌になって・・・何だか分からないけど泣いてしまった。兄ちゃんはもう既にゴールしてるだろうし、つまんないしで・・・一人泣きじゃなくっていると兄ちゃんが戻ってきた。そして川を挟んで向こう岸から「頑張れ飛べる!」って言ってきた。よく分かんないし泣きじゃくってその日は兄ちゃんにおんぶされて帰った。・・・それで何日か経つと、兄ちゃんと一緒に幅跳びの練習をしてた。あんまり覚えてないけど楽しいからいいや





「ちなみに「Phil Hardy」さんはギター弾いてる人の方だよ」

「このホイッスル吹いてる人の顔が「Chris McMullan」さんっぽいんだけど、明記されてないからFriendsってタイトルにしてます」

「そして↑の楽曲の情報が無いので、Philさんがホイッスル吹いている過去作を貼っときます。...すまんの」




今日のアイリッシュ【第56回】「Duo Menguy / Le Pennec - Tempus fugit」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「ある国の姫はとてもワガママだと有名で、幼少期に食べた希少な料理が食べたい為に遠くの国まで軍隊を派遣したり、子守歌の声が気に入らないと国一番の歌手を専属の子守係にしたりと好き勝手であった。だがそんな彼女も大きくなり一国の姫としての自覚を持ち、ワガママも少なくなり確実に大人へと成長していった。そしてある日、日々の仕事の疲れから、ゆっくりと横になりたかった姫はあの時の子守の歌が聴きたくなった。だが今は子供ではない、しかしあの時のワガママがまかり通っていたものが今でも通用するのか気になった姫は・・・






「ハァ...」

「...............」

「........この曲本当に好き。(泣きそうになる)」


↑の楽曲以外のアルバム




今日のアイリッシュ【第55回】「Duo Absynthe - Polka」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






それは・・・旅人が訪れた宿の地下、陽気な声が聞こえ漏れるドアを開けるとそこには見たこともないような珍妙な恰好をして賑わっている者達・・・人間もいれば明らかに背丈や容姿の違う、「異人」としか言い表せない生き物など・・・旅人は奇怪な光景を見ていると自覚していながら、謎の音楽に似た謎の高揚感を胸中に感じ始めていた・・・

私たちに言葉は必要なかった。実家の家族の為、どこかへの旅費、贅沢、ただただ生きるために必要な経費・・・そこに居る達には今は関係ない。誰か一人しかその莫大なお金が手に入らないのだとしても、その為にお互いを蹴落としあっているのだとしても、そして・・・ただただ、「息合わせて踊れ」と言われるならば私たちに言葉は必要なかったのだ





「うーん・・・」

「・・・・・・」

「こんな感じかなぁ?」


- 公式サイト - (↑の楽曲は1stアルバム6曲目のMonster cafe)
次のページ