FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のインスト【第292回】「Don Alder - Dancing with Spin Doctors」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「第3回Guitar Idolの優勝者である「Don Alder」さんの新曲・・・という訳ではないが、得意のアコースティックで演奏しそうな楽曲をエレキでバンドアレンジしたのが↑の動画だ。絶妙なところでニヤっとしたくなるようなメロディが堪らないだろう・・・ソロギターでは表現できないバンドアレンジとクリーントーンのエレキがテンポの良い楽曲にナイスマッチしているな」

「ピッキングハーモニクスで音が広がっていくところや、48秒辺りのメロディが変化してソロギターでやりそうな部分をエレキで表現しているのがすごい好き」

「立って楽しそうに演奏しているところも、楽曲に合って魅力的ですね」




「↑の楽曲はソロギターでも演奏されているので是非聴き比べてもらいたい」



「これはこれで素朴で良い雰囲気ですね」

「そうだけど、先ほどの感想の「立って演奏してて楽しそう」って・・・小学生みたいな感想で恥ずかしくないのか?」

「いやいや、思ったまでを口にしただけですし」

「でも専門外だからって、もう少しぐらい頑張ってもらいたいんだがなー」

「・・・(#^ω^)ビキビキ)」

「喧嘩すんな!」


スポンサーサイト

今日のメタル【第310回】「SABATON - 82nd All The Way」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「パワーメタル感全開ながらテンポに躍動感のある導入から、Voのお馴染みの男らしい野太い声・・・いつもの「Sabaton」ですが、個人的に80年代的なポップな雰囲気も感じられるような歌メロのキャッチーさ、シンセのマッチ感が好みですね」

「サビメロがすごい歌詞を畳みかけるような・・・でも、すごいキャッチーでタイミングもメロディとピッタリで、好きな人はめちゃめちゃハマりそう」

「重圧なバンドサウンドもシンセもとてもバランスが良く、曲の始まりから最後まで綺麗にまとめ上げた曲だな・・・さすがSabatonという他ない」




「SabatonのNewアルバムは7月19日発売で既に好評発売中です。日本でも大人気のバンドになっていますから、CDには通常版と・・・ヒストリーエディションCDというナレーションが付いた初回限定版もあるようです」

「何故に今更Sabatonなん?」

「え・・・いや、カッコいいからですけど」

「お・・・おう」

↓のリンクはCDじゃなくてダウンロード版です。CDはAmazonで検索したらすぐ出てきます



今日のその他音楽【第78回】「Колохорд - Старинная мелодия」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






・・・私を馬鹿にするものはどれもこれも勉学が足りていない。「友人は一生の宝」や「青春しないのは人生を損している」など・・・鬱陶しい。私を誰だと思っているのか。今私の後ろの棚に並んでいる数々の賞は、正直興味のあるものではないが、私の主張の一貫性を説明するに足るものである。貴様らが堕落し、人生を輝かしいものにするための期間をドブに捨てている中、私はもがき苦しみながら今の地位に達しているのだ。
・・・と、などと何度も似たような罵声を浴びせているが、一人の青年は私の傍を離れようとしない。今以上に暴言を吐いたこともあるが、こいつは目を輝かせて頷くばかりだ・・今までにこんな奴はいなかった。私を尊敬して弟子入りしようとしているのは分かるが、ここまで盲目に迫られてもやっかいだ、こいつは上手いこと私の手足をして使い、使えそうになくなったらボロ雑巾のように捨ててやろう・・・。こいつは馬鹿だ。私がそのようなことを考えているなど微塵も思ってはいない・・・明日の昼が楽しみだ





「↑の楽曲は無いですが、EPはリリースしているみたいなので貼っておきます」

「ハープの動画とかも見てきたけど、途中でペグ回して音程変える人は初めて見た・・・」

「味わったことのないようなメロディが体を包み込むようじゃろ・・?」


- bandcamp(過去作) -

今日のアイリッシュ【第57回】「Phil Hardy and friends - Tobys' Trip To Sussex」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






隣の家に住む兄ちゃんは僕よりも体が大きくて運動神経も良いんだ。でも、それが分かってるから僕が勝てっこない"かけっこ"や"幅跳び"で勝負したりで意地悪な兄ちゃんなんだ。でも色んな行ったことない秘密の場所や、見たこともないおもちゃを持ってきて見せてくれたりするから僕は嫌いじゃない人なんだよね。
そんなある日、またいつものようにかけっこで勝負しようって言ってきた。その日はちょっと趣向を凝らして障害物を色々と決めてのかけっこ勝負になったのだけど・・・いつも通り負けるんだろうなって思って僕は走った。人の家の隙間を通り抜けたり、前が見えないほど生い茂った草木を分けたり・・・大変だ・・もう帰りたい・・・。そして最後に少し幅のある川を飛び越えるところで僕は嫌になって・・・何だか分からないけど泣いてしまった。兄ちゃんはもう既にゴールしてるだろうし、つまんないしで・・・一人泣きじゃなくっていると兄ちゃんが戻ってきた。そして川を挟んで向こう岸から「頑張れ飛べる!」って言ってきた。よく分かんないし泣きじゃくってその日は兄ちゃんにおんぶされて帰った。・・・それで何日か経つと、兄ちゃんと一緒に幅跳びの練習をしてた。あんまり覚えてないけど楽しいからいいや





「ちなみに「Phil Hardy」さんはギター弾いてる人の方だよ」

「このホイッスル吹いてる人の顔が「Chris McMullan」さんっぽいんだけど、明記されてないからFriendsってタイトルにしてます」

「そして↑の楽曲の情報が無いので、Philさんがホイッスル吹いている過去作を貼っときます。...すまんの」




今日のインスト【第291回】「Charlie Robbins - Trail of Lights」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「Djent系のギターインストと言えばそれまでだが、リードが歌うギターインストにもお洒落なテクニックが光るDjnet系のどちらの分野にも属さないと感じられる絶妙な楽曲だと私は思う。0:38~からの高低差あるフレーズはメロディラインなど安易ではない考えられたものだが、どこか懐かしく安心してしまうような温かみがある・・・途中からベタなハモリになるのも良いなぁ」

「特に目立つテクニックとかインパクトがあるわけじゃないけど、メロディがしっかりしてて気が付いたら最後まで聴けちゃうような楽曲構成がスゴイね」

「明るさのある楽曲かと思えば、どこか暗さも兼ね備えている・・・そんな雰囲気ですね」




「後で気づいたのだが、↑の曲はCharlieさんの所属するバンドの「Artificial Language」というバンドの歌あり楽曲だったようだ。↓



聴きやすい歌メロに、やたらと主張するギター...かなり良い感じのバンドじゃないですか!アルバムは5月17日に発売済みだと・・・!?」

「これは買いですね」

「・・・何か内容取られてもうた」

「どんまい」





今日のその他音楽【第77回】「Колохорд - Старинная мелодия」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






夢を夢だと理解したのは突然だった。でも何かあやふやでよく覚えていない・・・今はただ、この大空を漂うだけが全てだ。青い空に見渡す限りの大海原・・・上下をどこまでも青い世界に覆われて漂い続けるのはつまらないかもしれない・・・でも、この夢なのに夢を見ているようなこの感覚は現実ではきっと体験できないであろう・・・私は目を閉じて宙を漂い続ける。・・しかし、そんな時間も永遠ではない。目を空けて視界の端に見えてくる岬と町並み、そして環境音・・・きっと私は目覚めるのだろう、だがまたここに戻ってこよう・・・必ず




「さすがにКолохордさんの音源は見つかりませんでした...」

「うう...」

実はこの記事2回目です。またね


今日のメタル【第309回】「VISIONS OF ATLANTIS - Heroes Of The Dawn」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「オーストリアのシンフォニックメタルバンド「VISIONS OF ATLANTIS」の新曲ですが、とてつもなくキャッチーで聴きやすい楽曲になっています。何と言っても男性、女性のツインボーカルスタイルが特徴で、お互いとても歌が上手いので聴いていて心地よくなってきます」

「Bメロが好きだね私は!歌メロが日本の歌謡曲とか80年代のアメリカンPopsにも似たキャッチーさすら感じるのは良く出来てるなと思う・・・サビメロもBメロに負けないぐらいキャッチーなのも良いね」

「バンドサウンドはあくまで歌メロを盛り上げる部隊に徹しているな。でもギターソロはちゃんと弾いているし、それ以外の北欧感あるメロディが上手くバンドサウンドと絡んで存在感を放っているな」




「↑の楽曲を含むNewアルバムは8月30日に発売予定です。聴きやすいシンフォニックメタルの世界はいかがですか?」

「もっとギターがピロピロしてて、プログレッシブだったら買うかもしれんな」

「あ、そうですか」

「私は↑の曲は気に入ったけど、他の曲がどの程度か分からないから保留!」

「・・意外と慎重なのですね」



今日のアイリッシュ【第56回】「Duo Menguy / Le Pennec - Tempus fugit」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「ある国の姫はとてもワガママだと有名で、幼少期に食べた希少な料理が食べたい為に遠くの国まで軍隊を派遣したり、子守歌の声が気に入らないと国一番の歌手を専属の子守係にしたりと好き勝手であった。だがそんな彼女も大きくなり一国の姫としての自覚を持ち、ワガママも少なくなり確実に大人へと成長していった。そしてある日、日々の仕事の疲れから、ゆっくりと横になりたかった姫はあの時の子守の歌が聴きたくなった。だが今は子供ではない、しかしあの時のワガママがまかり通っていたものが今でも通用するのか気になった姫は・・・






「ハァ...」

「...............」

「........この曲本当に好き。(泣きそうになる)」


↑の楽曲以外のアルバム




今日のインスト【第290回】「Moray Pringle - Stabs」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「いきなりリードから始まる驚きと、今では中々無さそうなほどの明るくファンキーなナンバーがニヤけてしまうな。個人的には映像を見ていれば分かるかもしれないが、左手のフレットポジションはあまり動いていないのに聴いていて飽きないメロディセンスがやるな・・・と思う。ガスリーモデルのシングルコイルサウンドも楽曲に抜群に合っていて素晴らしい

「楽曲を通して特に速いシュレッドは特に無いんだけど、ピッキングの仕方とか時々ミュートを混ぜたりしてバックのサウンドに合わせたファンキーな世界観を演出しているね。サビメロ辺りのギターハーモニーもキャッチーだし・・・個人的にすごい好きかな」

「楽曲は伝統的なスタイルのロック/ファンクですが、バッキングのハキハキした間の取り方やハイクオリティなサウンドは現代風で・・・新しいスタイルを感じさせますね」




「↑の楽曲は既に発売中で、7月19日にはEPもリリース予定だ」

「Guitar Playthrough動画って大抵メタル系が多いのにこれは意外だったよね」

「それはあるな」

「可愛いアイドルが歌うアルバムの中にピッグススクイールばりばり入ったデスコアが入っていると、ファンもきっと「おっ」てなるのと一緒だ」

無いからそんなの!



今日のメタル【第308回】「THE OFFERING - Ultraviolence」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「序盤からのハイテンションなメロディワークとバンドサウンド・・・デスメタル/メタルコアのようでありながら、Voが入ってくるとまた違った印象になります。ヘヴィな楽曲に意外と思える謎の歌唱力の高いクリーンボイス、デスボイスも交えながら進んでいくその歌メロがテンションの高いバンドサウンドと合わさり唯一無二のクオリティと存在感を放っています」

「すごいヘヴィなのにVoの人のクリーンボイスで変わったバンドの印象になるね。サビメロはキャッチーでありながらこの楽曲に合ったどこかオペラチックにもなっているような雰囲気を感じられるね。そして最後のサビメロが終わるとVoの人の超高音域の絶叫があるんだけど・・・スゴイ

「Voとバンドサウンドの雰囲気に目が行きがちだが、ここのギターは中々に狂っていそうだ!(誉め言葉)ギターソロでは「Dimebag Darrell」ばりのスクイールから入り込み、ワウをかけながらの高速なシュレッドを入れ込む・・・後半の奇怪な雰囲気のメロディもすごいこの楽曲に合っているぞ」




「↑の楽曲を収録したアルバムは・・・お、デビューアルバムなんですね、リリース日は8月2日予定です」

「個人的に「Protest The Hero」に似てるかなって思った」

「そうですね。バンドサウンドやジャンルは若干違いますがハイテンションなメタルにハイクオリティなクリーンボイスという意味では似ているかもしれません」

「先生!ほかに何か似ているバンドはありますか!?」

「えっ・・・あの・・そうですね・・・」

「調べときます・・・」

「え!先生なのに何で分からないんd」

「子供か!やめて!」


今日のその他音楽【第76回】「ReWildYourSoul - RavPan Song Idea (F Pygmy not Rav Vast)」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






ただただ・・・頼んだだけだった。いつも通り彼にお酒とその肴となるものを買い出しで頼んだそれだけだったんだ。彼は近くのコンビニ付近で見つかったらしい・・・。手には酒とおつまみ・・・そして俺の大好きなコンビニスイーツのスフレが入っていた。頼んでいないのに、きっと俺を驚かそうとしたのだろうか・・・お互いろくな死に方しないとは言ったりしてたが、こんなのってないよな・・・




「あー」

「・・・・・」

「自分でも何書いてるのかわかんなくなっちゃうね」


- ↑の曲以外の作品(Bandcamp) -

今日のアイリッシュ【第55回】「Duo Absynthe - Polka」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






それは・・・旅人が訪れた宿の地下、陽気な声が聞こえ漏れるドアを開けるとそこには見たこともないような珍妙な恰好をして賑わっている者達・・・人間もいれば明らかに背丈や容姿の違う、「異人」としか言い表せない生き物など・・・旅人は奇怪な光景を見ていると自覚していながら、謎の音楽に似た謎の高揚感を胸中に感じ始めていた・・・

私たちに言葉は必要なかった。実家の家族の為、どこかへの旅費、贅沢、ただただ生きるために必要な経費・・・そこに居る達には今は関係ない。誰か一人しかその莫大なお金が手に入らないのだとしても、その為にお互いを蹴落としあっているのだとしても、そして・・・ただただ、「息合わせて踊れ」と言われるならば私たちに言葉は必要なかったのだ





「うーん・・・」

「・・・・・・」

「こんな感じかなぁ?」


- 公式サイト - (↑の楽曲は1stアルバム6曲目のMonster cafe)

今日のインスト【第289回】「Lari Basilio - Super Sweet Riffs and Solo」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「Lari Basilioさんのロック・フュージョン系を軸とした爽やかな楽曲だ。「Ssper Sweet」と名の通り、聴きやすく絶妙に枯れたシングルコイルサウンドが癖になる。リフのどこか何度も聴いてしまいたくなる病みつき感や、ソロの女性とは思えない秀逸なメロディ・・・どれをとってもレベルが高い」

「リフはカッティング風にやってるけど途中でミュートした単音を混ぜたりして、そこが良いアクセントになってるよね。ソロは特にテクニカルっていう訳じゃないのに、聴いてて気持ちよくなってくるよ」

「リフやソロの一部で結構手首を使ったピッキングをされますが、ノイズやミスをせずに単音を軽々と弾いていることが中々すごいと思います」




「↑の楽曲はアルバム未収録の楽曲だからまだ発売はされていないけど、Lariさんの過去作だけ貼っておきますね」

「ちなみにJTCの公式サイトからギタリスト向けのパッケージとしてダウンロード購入は可能だ」⇒ ◆JTC◆

「ギターもキラキラした紫のテレキャスで可愛い♡」

「Suhrのテレキャスで30万位しますからもっとお高いでしょうね」

「高ッ・・・私には関係のない話だった」


今日のメタル【第307回】「SAUL - BROTHER」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






「ヘヴィでフックのあるバックサウンドに、野太い「Nickelback」「CORRODED」系の男らしいVoがガツンと入ってくる感じです。サビメロでのそこはかとない情緒感とキャッチーなメロディは聴けば聴くほど好きになるメロディです」

「なんだかAメロ途中のデスボイスと男らしいボイスが混じった感じの歌い方が凄い好き。バンドのサウンドとの音楽の方向性がぴったり一致している感じだね」

「ギターは7弦?だと思うが、ソリッド過ぎずモダン過ぎないと間を取ったようなバランスのいいヘヴィな重低音サウンドだ。基本は刻み重視で歌メロを盛り上げる部隊としてしか機能していないように見えるが、サビメロでのちょっとしたリードメロディの組み合わせが中々良い。ギターソロパートのあまり弾きすぎない楽曲に合わせた配慮もGoodだと思う」




「↑の楽曲を収録したEPは今年の3月1日リリースされ、好評発売中です」

「聴けば聴くほどCORRODEDのVoの声とそっくりな気がするな」

「調べたのですが、別人みたいですよ」

「生き別れの兄弟なのかも」

「だとしたら熱い展開ですね」



記事更新していきましょう

きっかけになるのかは分からないけど、少しずつでも記事を更新出来たらいいなと思っています。
申し訳ございません