FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のインスト【第21回】 「Chris Mike - Wake Up Call」

ワールドカップ・・じゃなくて、オリンピックが東京で決まりましたね。
・・・・・えーと・・・わーい・・・

・・・なんかスミマセンと思った男に選ばれた動画がこちら↓

Candy Ratに久々のエレキギタリスト登場!!

Candy Rat Recordsといえば、ソロギターバカうまギタリストの集まる集団として有名ですよね。
多分、Youtubeで「Guitar」と検索すると上位に出てくるハゲデブのおっさん「Andy Mckee」氏が所属するレコード会社としても有名です。

そんなCandy ratに久々のエレキギタリスト「Chris Mike」さんが登場しました。
他にCandy ratでエレキギタリストといえば、エレキの中で総再生数が一番多い「Steffen Schackinger」さん。コンスタントに動画を上げるなかなかキャッチーでくせのある音楽を奏でる「Sebastien Cloutier」さんが思いつきますが・・・↑の動画のChris氏のタイプの曲はかなり珍しい。


というか・・・・・これBluesJam Trackで出したら!?(提案)


曲の雰囲気、クオリティ・・テクニックを感ずるに・・・私としては何故彼がBluesJam Trackから動画をアップロードしなかったのかが解らない。勿論、聴いた感想としての言葉ですが、やっぱりCandy Ratといえばソロギターが主流なのですから、あえて肩身の狭いエレキで・・しかも、ロック・メタル調の楽曲をやるとなると・・・まあ、そりゃあもうCandy ratユーザーは取っ付き難かろう・・・。
(Sebastienさんのように「関係ねぇぜ!」的な、我が道を歩む音楽をやるのであれば話は別ですが・・・)

そんなChris氏の↑の楽曲。
歪ませすぎずギター本来の生音が聴けて、且つ音圧のあるバッキングに安定したテクニックのフレーズが指板上を行き交うプログレッシブ調の楽曲です。ギターサウンドがディレイをかけずに空間的処理は最小限に、ですが聴いていて聴きやすさのあるサウンドを構築しています。これは好きですね。
楽曲は進むにつれてチョーキングやビブラートを多用する感情的な譜面になったり、浮遊感あるメロディになったりして、後半は感情的にはならず、ワウを交えたよくわからない形で楽曲は終了。
チョーキング、速弾き、その他の当たり前のテクニックがとても安定していて、聴いていて違和感がなく安心して聴けます。
しかし、なんといってもブリッジミュートした状態でのピッキングが非常に音の粒が揃っていて素晴らしい。序盤で多く聴けますが、他にシンセなどを使わずシンプルな楽曲にとても上手くマッチングしています。


・・ちょっと話がそれますが・・・・・本当にみんな、ジョンペトモデル好きだねぇ!?
John Petrucci model 01
私の知る限り、好きなギタリストのほとんどとは言わずも、結構な数がジョンペトモデルのギターを使用しています。たまに演奏する分でもこのギターが多いです。
うーん・・そんなに良いギターなのかねぇ・・・・・まあ高いからそうなんだろう(適当)


といった、クリアなトーン確実なプレイを魅せるギタリスト「Chris Mike」・・要チェックだ!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/47-9e0f37c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)