FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

Polyphiaボーカルオーディションを見てみる

今日はちょっと趣向を変えて、以前「今日のインスト」でご紹介したPolyphiaのボーカルオーディションでどのような方々が挑戦しているのかをチェックしてみたいと思います。

・・たまには趣向を変えないと・・・meのテンションの問題です。

このオーディションの大体の概要は、彼らの楽曲の一つ「Transcend」という曲のアウトロ部分、・・いや、アウトロよりもう少し前の曲の後半ぐらいから、挑戦者達が歌メロを各自でつけて自分の歌唱を披露するということでございます。
この曲はとてもスリリングでメロディックなギターのハモリの掛け合いから、静かでここちよいシンセ・・そして曲の集大成となるストレートで情緒あるアウトロ・・・と、繋がります。
ですので、インストという時点でかなりレベルの高い楽曲なのですが、それにボーカルを合わせるとなると、どうしても高い歌唱力を求められるというわけなのです。

「・・・あのイケメン軍団、まさか元からオーディションをする企てでこの曲を・・・!?」

・・・考えすぎですね。

■とまあ、さっそくご紹介■

◇1

「Polyphia Vocal Audition」と検索すれば一番上の動画に出てくる「Matt Turkington」さんの動画。序盤はあまり主張しすぎない綺麗で消え入りそうな歌声を披露。・・・そして、そこからの・・・おーおーおーおーおおおおおおおおおおおおお!!!!
曲が盛り上がる展開と同時に声と一緒に自分も似たような反応で驚いてしまったw
めっちゃかっこええ!序盤の静から曲の盛り上がりと同時に自分の歌唱力も上げる展開すげえ・・・歌メロもちゃんと考えて歌ってるし・・・本当に文句の付け所がない。
なんだか調べたらバンドのボーカルらしいですね。・・・もし受かったらバンド抜けることになるんでねぇのかな?・・・・・まあ、両方兼任という方法もあるしね。いいかも

◇2

再生数では↑のMattさんの2位を抜いての1位の「Codey Wayne」さん。ニコニコしながら説明をして曲がスタート。その歌唱力はプロっぽい!
変にエコーやリバーブなどの空間的処理をせずに自分の歌唱力そのもので勝負しているという感じですが、その声は断然プロっぽい。声の抑揚のつけ方とか息遣い、歌メロの良さなどから本当にプロレベルの歌唱を披露しています。そして後半では伸びのあるエモ声も披露。途中で余裕を見せてトークフレーズも入れるなどレベルが高い。
個人的にはMattさんとはまた違う良さがあってかなり好印象。これは優勝するのは彼かな・・・?

◇3

タンクトップに最近の若手メタルコア風な髪型の「Randy」さん。その歌声の幅は間違いなく今オーディションの中ではトップクラス。
Periphery」のスペンサーや「Heartist」のBeckleyみたいなエモショーナルで超高音ボイスを披露。その様は他のエントリー者を寄せ付けないほどの歌唱力です。
ただ、個人的にハモリを効かせた聴きやすい部分とは別に、通常のクリーンボイスのみのVerだと若干キーが外れてる?・・・なんだかそのように聴こえました。
ただ、この表現力はすごいでしょう。相当鍛えてモノにした声でしょうし、私がバンドだったらこういう声のある人をバンドに入れたいと思います。

◇4

サムネイルではパソコンに向かって歌っているのかと思えば違った「Aaron Schumacher」さん。序盤に軽く説明した後のその歌声は・・・OH・・これはまた違った美しさ
歌メロもあまり感情的にならずに歌声に合わせた主張しすぎないものになっています。そして、後半でも少し消え入りそうなか細い歌声を披露。時折、エモーショナルにシャウトする部分などはメリハリが合って良いと思います。
こういう方の声って真似は出来そうですけど、いざ録音してみようとなったらなかなか出来ないのですよね。上手くそこに力をつけて別方向からアピールをしてきた感じでこれはひょっとしたらひょっとするか・・・?

◇5

多分数少ない黒人参加者である「Trevor」さん。その声は・・・美しい!(2回目)
↑のAaronさんとは違って黒人特有の甘い声をふんだんに生かした、綺麗な歌声を披露。歌メロもとても聴きやすくて、彼の声に合っています。
そして曲の後半からは前半では見せなかった伸びのある美しい張り声を披露。・・・うわあ、この人の場合は個性と聴きやすさが完全に上手い具合にマッチしていて、バンドに入るとしたら楽器隊に負けない個性と存在感を発揮するだろうね。



・・・とまあ!
ざっと気になったのはこの5人ぐらいですが他にも魅力的な挑戦者達がエントリーされています。
でもやっぱり声も重要だけど、歌メロも大切ですね。自分の声をどうやったら最大限生かせるかが問われるわけですからね。これは各々の実力が試される。
個人的にはCodey Wayneさんが一番好きですが・・・どうなのかな優勝するかな?
ギターアイドルでもその他のコンテストでもこういうのは地味に堅実にやっている人が脚光を浴びたりするものだからなぁ・・・

Aaron「・・・ガタッ!」

「いや、貴方は十分個性ありますw」

といった、Polyphiaボーカルオーディションまだまだ要チェックだ!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/49-b1cb5b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)