FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のインスト【第178回】「Silvio Gazquez - Sunset [Final Guitar-keyboard Duel]」

jiji
闇と
ぽん

れ な男に選ばれた動画がこちら↓

静かに熱きバトル!Silvio Gazquez!!

・・・・・・・・・

「皆様こんにちわ」
「こんにとぁ」
「「Silvio Gazquez」対「Carlo Peluso」の一戦まもなく始まります」

「おおっと」

「そうもしている間にいきなりSilvioのソロが始まりました」
「随分とまた彼らしいといえば彼らしいフュージョンですね」
「Silvio氏はあのGuitar Idolにも出場、第2回ではファイなりストにもなっている実力者です」
「甘めのトーンにチョーキングが堪らないですね」

0:41~

「おっと、Silvio氏のターンはまだ続くようです」
「速弾きを出してきましたね、スケールもバックに合わせた素晴らしい物となってますね」
「私はあまりSilvio氏に対しては速弾きのイメージは無かったんですが・・」
「そうですか?決めるところは決めるオールマイティなギタリストの印象がありますね」

0:57~ 

「そしてここで交代です。Carloのキーボードソロが始まりました」
「これはまたトーンが変わってますね・・」
「トーンですか?」
「はい、まるでギターのように延々と音が鳴り響かない歯切れのあるタイプのリード音ですね。故に指と指の動きにキレがあるように感じられます」
「はいありがとうございます。まずはいきなりトーンで魅せたCarlo」

1:15~

「ここでSilvioのターンです」
「高音のチョーキングが泣いていて堪らないですね・・ここ数年で一番調子が良いんじゃないですかね?」
「ああ、そこまで仰られますか」

1:24~

「Carloのターンですね」
「同じフレーズを高速にビブラートをかけながらエモーショナルに弾いてますね」

1:33~

「Silvioのターンです」
「ここは感情に任せず速いレガートフレーズを上手くバックに合わせて弾いてますね」
「どうでしょうか・・時間的に考えてSilvioはこの辺りで終了という感じですか・・?」
「そうでしょうね」

1:42~

「Carloのターン。そしてこの回でゲームは終了となります」
「最後だけあって感情が音に溢れ出ていますね」
「ずっと感じていたのですが、やはりビブラートを加えるのが上手いように・・」
「そうですね、やはりこのビブラートの絶妙な賭け具合と速弾き・・そしてトーンがCarlo氏の魅力を最大限に引き出していますね」



~終了~





















「といった感じで終わってしまいましたが、試合のご感想はどうでした?」
「二人ともプロでありながら、その力量とあと演奏者としての・・想いみたいなものがひしひしと伝わる良い試合でしたね」
「ありがとうございます。実況は轟と・・・」
「どうかされました?」


「あんた誰だよ」


そんな、熱いデュエルが堪らない演奏者「Silvio Gazquez」「Carlo Peluso」・・要チェックだ!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/499-901e1c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)