FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のメタル【第285回】「Oceans Ate Alaska - Covert」

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!

NAMM2017の動画を見よう

Guitar Idol 2016 ファイナル動画を見よう!







へん

2疲に選ばれた動画がこちら↓

うねりまくるリフと展開が堪らない!Oceans Ate Alaska!!

「おはようございます」

「おはようございます」

「「カントク」先生の画集良かったよ♪」

「なんと・・出てたのですか・・・」




「誰ですか」

「このバンドは「Oceans Ate Alaska」というバンドで、名門Fearless Recordsに所属するバンドです。若いバンドですが転調満載のハイブリッドなメタルコアで、同門だと「August Burns Red」に近いバンドだと思います」

「えらく休みはりましたね」

「アアスイーマーセーn」


↑の動画の見所。


いきなりテクニカルなリフが・・・

ただ刻むのではなく素早いレガートの動きが新鮮なテクニカルなリフですね。途中でドラムがテンポアップしたりと、序盤で短いパートながら色々と詰め込まれたプログレッシブでカッコいい展開です」

「0:14~からAメロっぽいけどデスボイスリードギターがすごい良いね」

「このパートからいきなりリードギターが出てきますが、強烈なグロウルのデスボイスやドラムの手数の多いリズムを上手いこと中和して独特な聴き心地を表現しています。まだ0:14~なのにこのメロディと展開の充実具合に脱帽です・・・

「0:31~からクリーンボイス出てきた。キャッチーな感じもしたけど展開的に早すぎないかな?」

「ある程度ネタばれをするとこのパートはサビメロ前の貯めパートで、Bメロみたいなものですね。テクニカルな単音リフを繰り広げていた序盤とは一転してヘヴィに刻んでいる印象ですが、意外と後半のパートでは開放弦でかき鳴らしているのである意味このパートだけポストハードコアのような爽やかさも感じられます。後半に進むにつれ楽曲が力強くなっていくのが良いですね」

0:45~から雰囲気から一変してのブレイクダウン!これぞメタルコアだね♪

「メタルコアといえばこういうブレイクダウンがやっぱりお約束ですね。個人的にはピックスクラッチのように弦を下からかき上げるようなアクセントが好きです

「それで1:13~からの展開がサビメロだね」

「恐らくそうですね。このパートに入る前の展開からテンポや雰囲気を引き継ぐような形で展開していますが、ある意味ここまでのパートとしては無かった手法です。そして肝心のサビメロは序盤のクリーンボイスよりもキャッチーに声を張り上げていて、情緒的でメロディックな歌メロに仕上がっています。ここまで色々とテクニカルでしたが、このパートは一番シンプルに演奏されている印象ですね




曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)
























「メタルコアとは思えないぐらいプログレッシブでした」

「私も聴いていて感じたのですが、「ERRA」にも近い雰囲気も持ち合わせているバンドだと思います」

「知らない」

「同じようなバンドですごいバンドだと思ってくれればいいですよ・・」

「アルバム発売はいつじゃ」

「今月の28日に発売予定です。タイトルは「HIKARI」だそうでして日本の言葉が使用されています。一部楽曲にも日本の楽器が使われているそうですよ

「へー」

「あ・・でもそれだと前作で日本のアニメの女性の名前を使用した「Veil Of Maya」にも近いイメージが・・・」

「だから知らないって」

「本当に・・・ですか?前に記事にした時お話したと思いますが・・」

それは私達の顔がまだ無かった時代だよ・・・

「あっ.....スミマセン...」



そんな、テクニカルでもちゃんとメタルコアなバンド「Oceans Ate Alaska」・・要チェックだ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/858-2b0562ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)