FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のインスト【第272回】「Arch Echo - Color Wheel」

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!

NAMM2017の動画を見よう

Guitar Idol 2016 ファイナル動画を見よう!





sya
tt
re

nikiiiiに選ばれた動画がこちら↓

Djent版のドリームシアター!?Arch Echo!!

「おはようございます」

「ついにやってきた!」

「はい」

「ついに私の待ってたバンドとMVが公開されたのだよ!」

「うん」

「アレ・・・?」






(今日は面倒くさそう・・)

「このバンドは「Arch Echo」というバンドで今年デビューしたばかりのバンドなのだけど、そのクオリティが尋常じゃないくらい素晴らしく、既に何曲かはMV動画がアップされていたのだが・・・私は↑の"Color Wheel"という楽曲が大好きで、このMVがアップされるまでこのバンドは取り上げないつもりでいたのだ」

「それでついにアップされたからテンションが高いと」

「その通りだ!今年リリースされたアルバムは、2017年アルバムランキング間違いなく上位に入ると予告しておこう!」

「声が・・・本当に・・」


↑の動画の見どころ


こ、このアニメのOPのようなイントロは・・・ッ!?

「堪らんよね・・。先に言ってしまうとこのバンドはDjentバンドとして大きな特徴としてキーボードを大きくフューチャーしていることだね。それでいてプログレッシブなんだから「Djent版のDream Theater」みたいな印象も感じられるんだよ。とにかくイントロから爽やかなウユニ塩湖が浮かぶようなピアノサウンドが最高だ

「0:16~から本格的にバンドサウンドが入ってくるね。ギターはDjentっぽくヘヴィに刻んでるのになんだか爽やかで気持ちいい♥

「まさにここでもキーボードの人が活躍しているのだ。予め作りこんだシンセをただ一押しで流すのではなくちゃんと両手を使い弾くことで生き生きとしたフレーズが生まれている・・・煌びやかながら君の言う通り爽やかなサウンドが楽曲の雰囲気を暗くしていない要素となっているな」

「0:43~からギターのリードが入ってきてAメロに移ったね。バッキングのギターとか無いけどしっかりと作りこまれている感じ」

「ここでのリードギターは特別すごいエフェクトやトーンがすごいというわけではなく、単純にギターボリュームを絞ったような淡い歪みのリードトーンだ。君の言うバッキングのギターなどが無くてもキーボード、気持ちよさそうに包み込むようなベース・・・その他楽器陣の演奏がしっかりと組み合わさっているので、物足りなく感じない。むしろ音を詰め込んだ前パートの対比で新鮮に感じられる

「そして0:59~から、ちょっと哀愁あるピアノソロっぽいパートへ・・・本当にキーボードが巧みだね」

「このピアノソロっぽいパートの後すぐにドラムやらクリーンギターなどの楽器陣が入ってくるのだけど、その辺りの雰囲気が「CHON」などのクリーントーンを駆使した流行りのポストDjentっぽい雰囲気なんだよね。色んな要素を感じさせながらもこういった流行りの雰囲気も自然に取り入れているのは流石だね」

「そして1:36~から序盤のバンドサウンド展開へと戻るわけだね」

「そのままサビメロへ行くと思ったかね?甘いぞ・・!そしてこの激しい展開のままギターのリードが入ってくるのだ。・・・でも本番はこれからだぞ

「2:03~からのリードギターとキーボードの絡みがすごいね! 途中の2:06からのユニゾンするとこなんてニヤリってしちゃいそう!

「まさにこの楽曲の一番気持ちいいパートでもある!終始バッキングを持続させていたヘヴィなギターが間を空けたコードサウンドになることによって、間に入るリードギターやキーボードのシンセ音がさらに鮮明に感じられる!

そして君の言う通りのこのリードギターとキーボードのメロディの絡み具合が堪らないね。ジャンルは違うが「Children Of Bodom」のAlexiとJanneのギターとキーボードの熱い絡みとはまた違う、思わず笑顔でガッツポーズをしてしまいそうになるこの気持ちいいメロディの洪水・・・堪らない。個人的には後半の2:18~からのキーボードが高音で泣きそうなメロディが最高に気持ちいい・・・






楽曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)



























「なるほど。確かにこれは博士のテンションが上がるのも分かるかも」

「だろう?」

「ただ恐ろしいのが・・今回は私が一番好きな楽曲ということで↑の楽曲を取り上げたが、これLevelの作品がアルバムにはまだまだあるということだ・・・。いやはや、とんでもないバンドが現れたものだよ・・」

「どういうメンバーなの?」

「まあ、ほとんどのメンバーがその界隈では実力者であるそうだけど、一人だけギターの「Adam Rafowitz」という名前に見覚えがあると思ってたら、このブログで過去に記事にしてた・・・・」⇒過去の記事

「い、いやぁ・・・この当時からもっと大きくなると私は思ってたよ・・」

「まあ、博士の先見の明がどうだかなんてのはどうでもいいんだけど、アルバムはもう出てるの?」

「」

「アルバムは今年の5月18日に発売だから、既に好評発売中だよ。私も発売されてから1カ月後ぐらいに購入したけど今でもヘヴィロテしてるね」

「そこから今日までよく記事にせず我慢したね・・・よっぽど↑の曲が好きなんだ・・」

その通り!MVも" Color "にちなんだ、カラフルな光を浴びたバンドメンバー達の映像が煌びやかで良いだろう?」

「Youtube上で「最高のipodのCM」みたいなコメントもあるね」

「ipodのCMでお茶の間で流れれば、家族が何人居ようと歓喜の雄たけびを上げるぞ私は・・」

「家族居ないのに?」

「ハイ...スミマセン」




そんな、最初から最後まで完成されたバンド「Arch Echo」・・要チェックだ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/874-04d1e450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad