FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

【Guitar Idol 8】RAF - Berkebun【1回戦】

Guitar Idol 8が開催決定!?

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!

NAMM2017の動画を見よう






「寒くなってきたね」

「遅くない?」






思わず踊りたくなるようなスラップ!RAF!!

「知らない人だね」

「ハハッ・・・私の知らないギタリスト辞典が一つずつ減っていくぞ」


↑の動画の見どころ


序盤からいきなりおしゃれなスラップが・・

「なるほど・・こういう感じのギタリストか。過去にGuitar Idol出場でクリーンギターオンリーの楽曲で言うと「Ivano Icardi」さんを思い浮かべるが、023~からピタッと止める楽曲のフラメンコのような情熱感は今までにないタイプだな

「0:43~からクリーントーンのままアルペジオが続くね。心地良い感じ」

「ここまでの展開も考えて、リードという概念のあまりタイプの楽曲なのだろうな。そしてこのパートは雰囲気を楽しむ形式の展開なのだと思う・・・君の言う通り、ハイハットのテンポの良いドラムに、今まで何気なく分かれていた左パンのギターと右パンのギターの初めて重ねあう穏やかで包み込むような優しいクリーントーンのアルペジオ・・・ここまでのお洒落で情熱的な雰囲気を落ち着かせるような流れが素晴らしいね

「1:13~からの展開でまたちょっと変わったね。初めてちょっとだけ歪んだギターっぽいのが出てきた

「歪んだって言っても、ほんとに僅かな歪みのブルーストーンのようなクランチサウンドだけどね。だが、明確なここまでのサウンドの違いによる驚きと分かりやすいリズミカルな展開が、途中までの穏やかな雰囲気にメリハリをつける良い要素だ」

「ちょっと飛んで2:36~だけど・・・このパートちょっとCHONっぽい!」


「クリーントーンでの2つのギター同士のメロディックなフレーズの掛け合いのユニゾン具合が確かにCHONっぽいな。現代的なポストプログレッシブ要素も持ち合わせている楽曲というわけだ。個人的には3:07~から始まるソロパートのような初めてまともなリードソロを弾いたパートがメロディの組み立て方といい・・この手の一般的なテクニックも持ち合わせたお洒落なジャズっぽい雰囲気を感じたよ




曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)























「なんかただお洒落なだけじゃない曲だったね」

「ファンクの楽曲かと思えば情熱的なフラメンコっぽい雰囲気だったり、穏やかで心落ち着くジャズっぽい雰囲気だったり・・・聴き飽きない展開の連続だったな」

「個人的には、それらの要素を違和感なく一つの楽曲としてつなぎ合わせていることが本当に素晴らしいと思うよ

「過去のGuitar Idolでこういうタイプのギタリストの人っていたの?」

「上記でも挙げたIvanoさんなどがパッと思い浮かぶが、あまり見た覚えは無いな・・・そもそも、このコンテストの傾向としてこの手のタイプのギタリストがあまりTOP100、TOP25と勝ち残っているイメージが無いからなぁ」

「私はいくと思うよ・・・」

「確かにこのクオリティならば・・かなり上位を狙えてもおかしくないだろうね」

「でも私が先にいけるって思ったんだから、博士がそう言っても2番目だからね」

「・・・・・・」

「ちなみに「RAF」さんはインドネシアのギタリストだそうです。東南アジア系の人はすごいね」



そんな、情熱的でお洒落なギタリスト「RAF」・・要チェックだ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/883-c1ff8a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad