FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

【Guitar Idol 8】Murillo H. Xavier - Nostalgia【1回戦】

Guitar Idol 8が開催決定!?

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!

NAMM2017の動画を見よう






「今日はついに「INTERVALS」のNewアルバム発売日だぞ!」

「あと"鋼の錬金術師"の公開日だね」






クリーントーンと7弦ギターが美しく融合!Murillo H. Xavier!!

「この人は「Murillo H. Xavier」さん。初見の人だが、何だか凄腕そうな佇まいだろ?」

「そいつはどうかな」



↑の動画の見どころ


いきなりクリーンギターの奏法がレベル高い・・

「指引きのみのスタイルだが、なかなかピッチの速いメロディなのによく弾いているな。親指のベース音など大変だろうに・・・あと、指板上での抑えにくそうなフレーズも綺麗に弾いている。初っ端からのインパクトとしては十分だがそのメロディもどこか優しげでありながら、リバーブを強めにかけたDjent系のクリーンギターの雰囲気を強く感じられるし良いな

「0:52~から歪ませたリードが出てきたね。ここまでのクリーンギターの優しい感じを壊さない感じのタッピングが綺麗で良いと思う

「その後の7~5弦付近での解放弦を使ったハモったリフのフレーズも、序盤からの優しい空間に轟音が入り込んだような展開が続くが、それがうまい具合にかみ合って融合しているのがすごいな。それで細かいようなのだが、1:39~からこのキャッチーなリフのハモリがフェードアウトして消え、一つのギターのサウンドのみとなるのだが、1:45~からハモリのギターがフェードインして復活する。これが直後のまた違う展開への絶妙な盛り上げというか・・・引き立たせるための役割を担っていて素晴らしいと感じたね

「1:50~からのリフがすごいプログレッシブ・・・」

「うねるように動きまくるリフだが、数オクターブ上のリードフレーズもこのリフと混ぜていることによって、ただヘヴィで硬質な雰囲気になっていないのが絶妙だ。さらには、終始鳴り続けているクリーンギターとシンセの幻想的な単音がヘヴィになりすぎないようなアクセントになっているのはずっと続いているね

「3:03~から、ついにリードらしいパートきた💖

「3分以上もたって目立ったリードフレーズも無かったから、そういったタイプの楽曲かと思えばここで来るとはな・・・。いきなり上昇するタッピングフレーズを出したかと思えば、安定した運指によるメロディックなフレーズ・・・ソロのように短いパートだがこういった要素も出来るというアピールにもなっていて良いと思う」

「3:17~両手タッピング久しぶりに見た・・・」

「奇をてらったように見えるから近頃は見なかったが、Murilloさんは上手くこの楽曲の中に溶け込ませているな。直前のソロパートの流れから見てもテンションの上がる良いパートだと思う」






曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)



























「御見それしました」

「だろう?」

「博士には言ってない」

「ハハ」

「それにしても、あんまりリードがないタイプの楽曲だからGuitar Idolっぽくない感じだね」

「過去にもリードが主役じゃない純粋なインストっぽい楽曲のギタリスト達もいたが、こんな風に構築されたタイプはあまり見たことがないな。クオリティも高いしトップ100人には選ばれると思う」

「もしもMurilloさんがファイナルに行ったらその系統の先駆者になるんだね」

「そうだな」

「じゃあMurilloさんを特に応援したら私の先見の明はすごいってことになる?」

「やめてそんな考え方」




そんな、美しく構築されたメロディが素晴らしいギタリスト「Murillo H. Xavier」・・要チェックだ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/886-9aece23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad