FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

【Guitar Idol 8】Lorenzo Venza - Venza's time【1回戦】

Guitar Idol 8が開催決定!?

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!

NAMM2017の動画を見よう






「ランキング出来た?」

「も、もう少し待って・・・」




どこか癖になる卓越したピッキングテクニック!Lorenzo Venza!!

「誰ですか?」

「この人は「Lorenzo Venza」さん。勿論初見である」


↑の動画の見どころ


「いきなりリフから入ってきて・・・面白い感じのリフだね。変則的というか」

「普通のピッキングとサムピッキングを取り入れた、中々難しそうなリフだ。いきなり聴いている人の心を掴んでくるようなリフではないけど、何度も聴いていると非常に癖になるね・・・なんとなくモサっとしたトーンも同様だ」

「0:41~からリードが入ってくるね。こう・・・ベース音の強い感じが独特です」

「他の出場者の動画など確認しても感じるが、Lorenzoさんのリードは本当にアンプ直みたいな素直なトーンだ。そしてほとんど味付けのされていないトーンを、序盤の雰囲気を大事にしたスケールのリードを繰り広げている・・たまに変則的なバッキングに合わせたリードもライブで聴いてたら楽しそうだ

「1:05~からがサビメロだね。このサムピッキングのモタついている感というか・・・何だろう?でもすごい好き

「ここまで明確に存在しなかったギターバッキングが登場する。若干ドライブをかけた淡いクリーンギターでコードを優しく響かせ、穏やかな雰囲気を楽曲に表現しLorenzoさんのリードが入り込む。まさにこの人を初めて聴いたのに恐らく得意奏法であるサムピッキングを交えたコードを弾いたメインメロディだが不思議とキャッチーだ

「特に1:25~からのリードフレーズは非常に卓越されたピッキングが堪能できる・・・あの「Tom Quayle」並みのフィンガリングテクニックだ。さらに言えば1:35~からのフレーズは1:15~からのフレーズの応用だが、ミュートした状態であそこまで音の粒が揃ったサムピッキングは中々無いぞ・・・正直恐れ入った」

「4:07~からソロパートって感じだね。何だがフュージョン系のプロのソロって感じ

「概ね私も似た感想だな。まさにジャムに特化したタイプのスケールテクニックを思う存分披露したソロであり、5:08~からの少しサビメロの雰囲気になってきたバッキングとの盛り上がり具合に合わせたリードの盛り上がり方はワクワクするね」

「5:49~から本格的に曲の終わりって感じなのに、バッキングの遊びが楽しいね」

このタイプのフュージョン楽曲は間違いなく審査員受けが良いぞ・・・





曲はそんな感じで終了。(てきとう)































「何だかすごい惹かれるって感じの曲じゃないけど、癖になるね」

「上記でも述べたが、審査員受けが凄くよさそうだ」

「前回Guitar Idolで優勝の「Phil Short」さんの曲のこんなかんじだったもんね」

「それ以前の大会でもファイナルではこういったシンプルなバックサウンドのみで構築された曲のギタリストが評価される傾向があった。Tomさんや「Jamie Humphries」さんなどの一流ギタリストなどでしか分からないモノがあるんだろう」

「それじゃあ、あんまりシンセとかディストーションばーんって入れ込んだ曲はあんまり評価されないって事?」

「いや、最近のGuitar Idolでは初めてのDjent系のファイナリスト「Morgan Reid」さんや、記憶にも新しいメタルとピコピコサウンドを融合させた「Andy Gillion」さん、ハードロック系の「Ignacio Torres」さんに「Youri De Groote」さんなど・・色んなジャンルのギタリストがファイナルに残るようになったよ」

だから今からでもGuitar Idolに出場しようと思っている人は、自分のギターの魅力が最大限に出せるジャンルで挑戦すればいいのだ!

「過去の大会を見てきた私から言えることはそれぐらいだ」

「うわ・・・偉そう」

「ハイモウシワケゴザイマセン...」



そんな、シンプルだけど奥深いフュージョンギタリスト「Lorenzo Venza」・・要チェックだ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/891-31fe48f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad