FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のその他音楽【第67回】「Maurizio Lampugnani - TRAMPOLINE」

2017年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8が開催決定!?

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!







かくu

lam

まだつかえる人に選ばれた動画がこちら↓

洞窟が小さくなっていく・・?Maurizio Lampugnani!!















※動画を聴きながら↓の文章を読むことをおススメします。








私は虐められている

山の麓近くの学校に通っている

いつの日か虐めていた奴らが

「噂の洞窟を見てこい」と言った

それは学校の目の前にある山の奥の洞窟で

洞窟の奥は山の反対側に繋がっているとか

知らない世界に迷い込んでしまうなど

色んな噂があった

そして私はその洞窟に今来ている

彼らの指示に従わねば

より虐めらてしまうからだ

真っ暗なので携帯のライトを使う

ゆっくりと足を進める

どこかジットリした岩肌の壁を伝いながら進む

途中で気づいたのだが入ってきた時より天井が低くなってきている

それは170センチ以上の私の身長が簡単に入れる洞窟入口から

首元辺りまで天井が低くなっている気がする

しかし足を止めようとは思わなかった

ついにとても人が通れそうにない所まで来た

行き止まり

その時

携帯のライトがオフになった

たまにある携帯本体の熱が強くなりすぎたために起こる現象だ

真っ暗闇の中慌ててライトを付けようとした時

慌てて携帯を落としてしまった

暗闇の中焦りながら携帯を探すが見当たらない

それに変な音がする

洞窟であるような水が滴るような音ではない

何かが近づいてくるような音

もう恐怖でおかしくなり

携帯を置いてもと来た道を駆け出した

無我夢中で走る中私は子供の頃を思い出していた

何故かは分からないが思い出が脳裏を駆け巡る

恐怖と懐かしさで頭がいっぱいだ

途中こけそうになりながらもようやく..

外に出ることができた

めっちゃ怖かった...

てかこんなぶかぶかな服でよく走ったな

........というか何で来てたんだっけ?

まあいいや、家帰ってゲームしよ



                                                 ~fin~






















といらす

そんな、ハングドラムの新境地を感じさせた奏者「Maurizio Lampugnani」・・要チェックだ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/899-9ba6eeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad