FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のインスト【第274回】「Eric Johnson - Stratagem」

2017年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8が開催決定!?

Sumerian Vocal Auditionの優勝者が決定!!







Kode
argtu
big

男に選ばれた動画がこちら↓

これが現代版のCliffs of Dover!?Eric Johnson!!

「おはようございます」

「おはようございます」

「あれ?Guitar Idolの記事はやらないの?」

「あまり動画がアップされないからなぁ・・・とりあえず、普段のインスト記事を久しぶりにやろうかと思う」

「勿論良い楽曲、ギタリストが見つかれば記事にしていくぞ!」




この人・・「Eric Johonsonじゃん!!さすがに私でも知ってるよ!」

「さすがに知ってるか。「Joe Satriani」「Steve Vai」「Yngwie Malmsteen」などの・・最早レジェンドと呼べるギタリスト達と一緒に時代を作ってきたプロ中のプロギタリストだね。特にサウンドの拘り具合が尋常じゃないことはギタリストやギター好きにとってはあまりにも有名だ」

「ということは新曲?」

「そう!・・・・ただ、↑の新曲含めたアルバムは去年の11月発売でビデオ自体も去年にアップされているから、情報としては遅すぎなのよね・・・・・ただ、無視できなかった」



↑の動画の見どころ。



「あっ!なんかこのリードトーンがEric Johonsonって感じ!」

「序盤からいきなりリードを綺麗に紡いでいくフレーズから始まっていく・・・。君のおっしゃる通り、このトーンを聴いただけでEric Johonsonって分かってしまうのがやはり世界的なギタリストって感じてしまうな。私自身は過去の有名楽曲ぐらいしか知らなくてアルバム自体も持っていないのだが、昔からフレーズやトーンは変わってなくて驚いている。現在63歳なのにこのスタイルを一貫しているのがすごいね・・・」

「0:20~から曲が本格的に進んでいくね。この楽しい感じのちょっと早いテンポのメロディが好き」

「激しすぎないけどテンポの良さが伝わってくるバックのドラムなどに、美しいトーンのリードギターが綺麗に流れ込んでいくようだね。Eric Johonson氏を語る上で外せないスキッピングだがこのパートからでも確認が取れるが・・・この正確さよ。君も色んなギタリストを見てきたと思うが、こんなにも美しく歪みの弱いトーンで流れるメロディのギタリストなんて中々見てこなかっただろう?」

「うーん・・・・・あ、それよりも0:28~からのフレーズが特徴的で耳に残るね!

「・・・」

「そ、そう!この0:28~からのフレーズだが特に大きなバックのフリもなく突如紡ぎだされたメロディだが、聴いているうちにEric Johonson氏の名曲"Cliffs of Dover"を思い出してしまうのだ・・・。アップテンポの楽曲にキャッチーながらもどこか弾きづらそうな独特なフレーズをリズムに合わせて疾走させて行く・・・昔ほどの高速な速弾きなどは無いがそれに近い雰囲気を感じてしまい、感慨深くなる・・・」

「・・・・・1:55~辺りからがこの楽曲で言うソロパートかな?」

「お、私もそうなんじゃないかと思っていたとこだよ・・腕を上げたな。このパートでは2:11~からこれまでにない速弾きなども見られ、また違った少しニュアンスの違う美しいメロディを堪能できる。全く衰えていない・・・凄まじい・・」





曲はその後同じ展開を繰り返したりなどして終了。(てきとう)



























「これでお歳が63歳って化け物レベルだね」

「ちなみに今年で64歳になられるぞ」

「・・・・・・・」

「・・・・・それと」



スタイルめちゃめちゃ良い!!

「ちなみに、アルバムはさっき博士が言ってたけど、もうリリースされているんだよね」

「イエス。こんなビックギタリストの新譜情報なんて絶対チェックしないといけなかったのに、去年の11月頃はGuitar Idol開催真っ只中で完全に失念していた・・・」

「今から購入すればいいじゃん」

「いや、いかにEric Johonson氏であろうと過去作も知らずにいきなり新譜に手を出すのはいかがなものか・・・・まずは名曲"Cliffs of Dover"や"Manhattan"に"SRV"などが入ったアルバムを攻めるべき・・・いや、それなら最初からベストアルバムを選べば・・・・・いやしかし、ベストアルバムだけで知ったかぶりのまま果たして現在の新譜を受け入れていいものか・・・・・」

「面倒くさいおっさんでした」




そんな、衰えを知らないスーパーギタリスト「Eric Johonson」・・要チェックだ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/901-578edfba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad