FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のメタル【第296回】「Unprocessed - Haven」

【修正版】Guitar Idol 8のオンラインファイナル25人が決定!!

Guitar Idol 8のオンラインファイナル100人が決定!!

2017年アルバムランキング発表中!






 痒
Hot Dog
lotin

喉に選ばれた動画がこちら↓

8弦ギターが3人なのに聴きやすいDjent?Unprocessed!!

「おはようございます」

「おはようございます」

「何か最近面白いことありましたか?」

「あっ・・そうそう!聞いてよ先生!この間ね・・・・・」

←(やってしまったと思った図)




「というわけなんだよね・・・・・先生?」

「えっ?・・ああ!すみません!今日のバンドは「Unprocessed」というバンドで、いつも通りの初見バンドです」

「・・・・・話聞いてた?」

「えっ!?ああ!ハイ!勿論ですよ!!



↑の動画の見どころ。



[0:00~]

「うわあ・・テクニカルなリフがまさにDjent感満載だね。バンドサウンドが入ってきて気づいたけど本当に8弦ギターが3人もいるね・・・すごいヘヴィそう。(てきとう)」

「一つのバンドに3人もギタリストがいるバンドと言えば・・有名なとこで同ジャンルの「Periphery」やデスコアの「Whitechapel」、ちょっと昔の「Nightshade」辺りが思いつきますが、このバンドは3人とも8弦ギターを携えており・・Nightshadeのようなヘヴィな世界観を醸し出すのかと思えば、意外ととっつきやすいリフな印象です。しかし、しっかりとヘヴィな音圧は感じられ、これはギターの誰かがリードやアルペジオを弾くのではなく、全員が同じリフを弾くことでバッキングギターの存在感と楽曲の迫力を高めているようにも感じられます。テクニカルなこの導入から続くリフの一体感もGoodです」

[0:34~]

クリーンボイスオンリーだね!なんだか急にバッキングもキャッチーな感じなったというか・・・すごい聴きやすい?

「djent特有の低音弦を必要に弾くヘヴィな雰囲気を無くさずに、積極的に取り入れているリードっぽいバッキングメロディが予想外でありながら素敵です。そしてあなたの言うこのクリーンボイス・・・歌メロもどことなくPOPSのようにキャッチーでそれでいて声質がセクシーで素晴らしいです。・・・序盤のリフからの雰囲気から考えて少し予想外な印象です」

[1:03~]

うう・・・なんだろう・・この・・・激しくも優しい感じ・・・」

[1:33~]

ここでデスボイスだと!?

「今まで以上にDjentでヘヴィなリフの溜めの後ですからね。多分来るのではないかと思っていました・・・いや、むしろ来るべき最適なタイミングでしたと思います。楽曲を包んでいるテクニカルながらも優しく聴きやすいメロディとヘヴィなサウンドのの対比がバランスが良くて私はうっとりとしてしまいそうです・・・」

[1:48~]

「このパート好き。ギターのメロディが良い♪」

「ここまでの展開でテクニカルな技量を持つバンドだと分かっていながら、この楽器隊だけのパート・・・あまり音数を詰め込んでいない?初めて聴いたものでもメロディがスッと入ってくるようなリフメロディです。途中からゆっくりと広がる幻想的なシンセも合わさると、何とも言えない何かとても完成度の高いものを味わっているような感覚に・・・陥るようなものを味わえますね・・・」

[3:30~]

まさかのここでギターソロだと!?

(しかも・・これまでの雰囲気とはまた違うピロピロ感満載の超絶系のソロ・・・。タッピングやスキッピング、レガート技術もさることながら、全体的に情緒感漂う全体のソロの雰囲気は意識してやっているのだろうか・・・?どちらにしても、素晴らしいことに変わりはないですね・・)

「というか、ソロが終わった後の、4:00~からのギターハモリの展開が滅茶苦茶キャッチーで好きすぎる・・!」

[5:08~]

「この辺りの終盤へかけての展開は圧巻だね」

「あまり同じようなパートを繰り返さない感じの曲調ですが、たまに同じようなフレーズや展開があると「おっ」と思ってしまいます・・・とりあえず次のパートへ移るスムーズさが違和感なくてすごいですね・・」




曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)
































「何だかすごいものを聴いてしまった感・・」

「放心状態のあなたに今言うことでもないのかもしれないのですが、歌っている人ギターソロ弾いている人は同じ人ですよ?」

「・・・・・・・」

What!?

「このバンドの他の楽曲のMusic Videoを確認したら分かるのですが、3人のギタリストの一人である"Manuel Gardner Fernandes"さんは、Voとギターソロを兼任しています。「Alexi laiho」並みですね・・・」

「・・・・・・なんだ・・・・これは・・」

「ちなみに最新アルバムは4月13日に発売なので、既に好評発売中ですね。・・・いっちゃいますか?」

「・・・・・・・・」

「・・・・・・・・」

「・・・・・・・」

「ところで先生さっきの話の事なんだけどさ」

「え?」

「先生はどう思う?やっぱりおかしいと思うよね?」

(・・・あれ?)



そんな、完成度の高いDjentで聞きやすいバンド「Unprocessed」・・要チェックだ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/915-06132960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad