FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のメタル【第299回】「As I Lay Dying - My Own Grave」

【修正版】Guitar Idol 8のオンラインファイナル25人が決定!!

Guitar Idol 8のオンラインファイナル100人が決定!!

2017年アルバムランキング発表中!






飛び込み

高一

れんじに選ばれた動画がこちら↓

メタルコアの帝王がついに復活キタああああああああああああああああ!!As I Lay Dying !!

「おはようございます」

「おはようございます」

「最近"ラジエーションハウス"っていう漫画が面白いんだよ」

「へー、どのような内容なのですか?」

「ええ・・・っと、MRIとかCTとか撮る人達の話なんだけど・・・なんか説明しにくいからいいや」

「...自分で調べときます」




「名前は聞いたことあるよこのバンド」

なんと!?"メタルコアの帝王"とも呼ばれるほどの知名度と人気のある「As I Lay Dying」を名前を聞いたことがあるだけ・・ですとッ!?お手本のようなメタルコアのギターリフに豪傑で重いデスVoのグロウル・・・確かなソングライティングの技術に、メロディックなBassのクリーンボイスなど・・・メタルコアバンドの人気投票をするならば必ずやTOPバンドの一つに名前の上がるほど人気のバンドですよ!

「はぁ・・・」

「しかし、数年前Voの「Tim Lambesis」が妻の殺害計画を企て、殺人教唆の罪で逮捕され実刑判決を受け、バンドは活動休止となっていましたが、今年ついに新曲がアップされたという感じです。仮出所中なのかもう釈放されたのかは分かりませんが、やったことについては殺人にも繋がる最低なことなので、今後バンドが業界に素直に受けいれられるかどうかは分かりません」

「・・・・・・」



↑の動画の見どころ。



[0:13~]

クリーンギターのワクワクさせる感じが・・・

何だか鳥肌が立ちますね。静かにオルタネイトで刻まれるギターのミュート音と、フィルターをかけたデスVoの遠くで叫ぶ感じ・・・この時点でこの後の展開への期待が止まりません



[0:29~]

「おおっ!カッコいい!コノガッショウスルカンジスキ!!」



[0:44~]

うわああああああああああああああああああああああ!!!この疾走する感じィィィィィ!!

「ベタな感じするけどこのメタルコアが疾走する感じ最高すぎるよ!

「バンドサウンドが入ってきてAs I Lay Dyingが帰ってきた!・・と感じた矢先にこのTimのスクリームと演奏陣の疾走ですよ。テクニカルで熱いリフに・・・本当にもう・・・本当に・・堪らないですね・・」



[0:52~]

「疾走中の速いテンポの楽曲にVoのグロウルが合うね!ちょっと早口で言ってる感じとかがすごい良いアクセントになってると思う」

先ほどは感動のあまりまともにコメントできませんでしたが、冷静に聴き所をピックアップします。サウンドは前作のアルバムとあまり変わらないバランスの整ったサウンドですが、相変わらずここのギター組の仕事ぶりがすごく・・疾走パートに入ってからのテクニカルでありながら熱さも感じられるギターリフの組み立て方は流石の一言です。そして肝心のTimのVoは何年振りでも依然と変わらずの太く芯のあるグロウルで、Timが不在の間バンドメンバーが結成した「Wovenwar」では出せないパワフルさがあります。やっぱりTimのデスボイスがあってこそのAs I Lay Dyingですね」



[1:15~]

「そしてこの後の展開を期待させるパート・・・」

「冒頭の展開と共に今楽曲ではこのワクワク感が堪らないですね」



[1:23~]

「このサビメロ超キャッチーだね!ここまでの期待を全く裏切らないのがすごい!!

「BassとクリーンVoを兼任する"Josh Gilbert"はキャッチーながらもハートにガツンと来るようなクリーンボイスが素晴らしく、上記でも記載したWovenwarでもその実力は発揮していました。このサビメロではテンポは少し速めながらのミドルテンポにサビメロ仕様の演奏陣のサウンド(個人的にギターの謎のズクズクしたメロディが好き)がJoshのキャッチーな歌メロを底上げしていますね。最後の歌メロをTimがデスボイスで閉めるのもGoodです



[1:50~]

サビメロ終わって一段落したと思ったら、ここの爆走するドラミングがテンション上がる!

「聴き所がいっぱいありすぎて困りますね...」



[2:40~]

「ギターソロ・・・お前までカッコいいのか・・・

「リフなどのソングライティング技術だけではなく、こういったリードメロディもAs I Lay Dyingは卓越しています。ソロ序盤はシンプルなリードメロディから高速フレーズを多用していくスタイル・・・チョーキングしたリードをタップすることによってさらにオクターブ上の感情的なインパクトあるフレーズに変える部分とか最高ですね」



[3:53~]

「このただキャッチーなメタルで終わらない正統派なメタルコアな感じ・・・良いよ!

「あなたのおっしゃる通りで、ただキャッチーなだけではなく、最後にブレイクダウンのようなただ刻むバンドサウンドのパートがメタルらしい冷たく硬質な部分を表しています。何気に刻むギターも意外と複雑で難しそうですね




曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)
































「駄目だよ・・これはカッコよすぎるよ・・・」

「メタルコアの帝王と言われるのも納得でしたか?」

「いや・・でも本当に・・・今年聴いたメタルの中で今のところ一番良かった曲かも・・」

「あなたがそこまで言うのは珍しいですね」

「うん・・・・・。で発売日は?」

「アルバムリリースなどの予定は無いですが、今回の↑の楽曲はデジタル配信で6月8日にリリースされています。ただ、今回の楽曲の動画自体の情報も3週間以上前であり・・・大分記事にするのは遅くなりましたが・・」

「・・・・・・・」

「どうかされましたか?」

「なんかね、曲がただ良いだけじゃなくてすごい何か熱い思いを感じるというか・・・先生の曲を聴く前に言ってた殺人の事についても色々考えたりしてたらボーっとしちゃって・・・」

「・・・・・・・」

「今回の楽曲のタイトルの"My Own Grave"を直訳すると「私自身の墓」という意味になります」

「バンドが何かしらの思いを込めてこういったタイトルにしているのかは分かりませんが、何年も止まっていたバンドがまた集結して世に送り出した最初の楽曲ということで、言葉にし難い大きく熱い思いを感じるのは確かです」

「ですからそんなバンドを応援する思いも込めて、今回の楽曲早速いってしまいましょう♪」

「そうだね・・・よし、じゃあ肝心の発売日は!?」

(やっぱり聞いてなかったか・・・)



そんな、貫禄の出来に涙のバンド「As I Lay Dying」・・要チェックだ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/924-60de63a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad