FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のインスト【第282回】「Ciro Manna - X2」

【修正版】Guitar Idol 8のオンラインファイナル25人が決定!!

Guitar Idol 8のオンラインファイナル100人が決定!!

2017年アルバムランキング発表中!




トーテム
さんじご
校舎driヴぇ

問題ありませんに選ばれた動画がこちら↓

テクニックもメロディも半端ない!Ciro Manna!!

「・・・・・・・」

「おはようございます」

「・・・・・・・」

「何だまだ怒っているのか?」

「・・・・・・・」

「今回は前回より少し早めのサイクルで記事にしたし許しておくれよ~」

「・・・・・・・」

「・・・まあいいや」

「今日のギタリストの楽曲を聴いただけでその無口もどこへとやら・・・感動させてやるぞ」




「・・・・・」

「今日記事にするギタリストは「Ciro Manna」さん。この人はJamtrack Centralでデビューしていたのを初めて見てから忘れられないギタリストの一人だね」

「・・・・・・」



「それでその時の動画が↑のコレなんだけど、ロック/ブルースチックでありながら現代的でもあり、メロディもよく考えてありながらエモーショナルでテクニカルな部分に惹かれてこの曲だけ購入していたんだ」

「だけどやっぱりこの曲以外にも聴いてみたいと思って過去作の"XY"というアルバムを購入したんだよ。私のポリシーとして「今年以外のアルバムはなるべく購入しない」という個人的な決まりがあるんだが、そういう思いを超えて購入してしまったのだよ。今年ね」

そして↑の楽曲はそのアルバムの中でも特に気に入った楽曲なのだ!心して一緒に堪能しようではないか!

「・・・・・・(ゴクリ)」




↑の動画の見どころ。




[0:06~]

「・・・・・・」

「ドラムオンリーの導入から始まるバンドサウンド。バッキングのギターの歪み具合が非常に心地よいだろう?↑の動画自体はDV MARKというメーカーの製品のレビューも兼ねている動画なのだが、非常に作り込まれているドライブサウンドだ」






[0:17~]

「♡」

「ふっふっ・・・表情で読めるぞ。このAメロのリードトーンの気持ちよさに酔いしれているのだろう?実際アルバムの音源のリードトーンもこの歪みを絶妙に絞った甘くも力強さを奥に感じる良いトーンなのだぞ。そして前半はローフレット、後半はハイフレットで判りやすく分けてある極上のメロディがリードトーンの素晴らしさを上手く後押ししている・・・良い」




[1:06~]

「・・・・!!」

「この楽曲の大きな魅力は構成がとても分かりやすいことだと個人的には思う。先ほどのAメロからのこのBメロ・・・このBメロはまさにサビメロへの大きな期待を底上げしてくれるかのような盛り上げのあるメロディが非常に素晴らしい。先ほどまでゆったりとしていたメロディとリズムが、少しずつ力強く大きくなっていくのだ。リードは少し速いフレーズを入れ、バッキングも徐々に力強くなる・・・特にこのリードのチョーキングの力の込め具合が聴いているだけで熱さが伝わってくるようだ・・・




[1:17~]

「う・・・・・♡!!」

「思わず声に出したな!この期待を最高まで引き上げた展開を裏切らないサビメロのキャッチー具合よ!このサビメロの最大の特徴であるハモリがニクイだろう!?気持ちいいだろう!?たまらないだろう!?本当にCiroさんが凄いギタリストなのだと再確認できるような素晴らしさだ!」




[2:38~]

「♡」

「この楽曲のソロともいえる部分だな。子のソロを聴いていると基本的なスタイルとしてやはりロック/ブルース系のフレーズがこの人の基盤としてあるのだと思う。それなのに難しそうなスキッピングや高速なレガートを上手く落とし込んでいるのがカッコいいのだよ・・」






曲はそんな感じで進んで終了。(てきとう)

































「・・・・・・うぅ・・」

「どうだ、いい加減しゃべったらどうだ?」

「・・・す、素晴らしかったです。・・・あと、無視してごめんなさい。」

「どうだこの・・不機嫌な子も期限が良くなってしまうほどのメロディの素晴らしさ?Ciroさんは個人的にはテクニックという面で↓の動画も見てもらいたい」



「なんか本当に・・・流れるようなフレーズさばきだね」

「私は↑の動画やCiroさんの他の楽曲を聴いたりして「ガスリーにジャムで対抗できるのは「Tom Quayle」さんと「Ciro Manna」さんぐらい」と思うようになったね」

「うん・・確かに本当に上手くて、きっちり聴かせるのが凄い・・」

「一応既に記載したが二つ↑の動画の楽曲は"XY"という2015年にリリースされたアルバムに収録されているから、気に入ったら是非いってみて」

「よっしゃあ!」

「おお!?」

「他の曲も聴いてから決めよっ」

(そういうところは冷静だな・・・)



そんな、メロディもテクニックも1級品なギタリスト「Ciro Manna」・・要チェックだ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/931-a5cf5edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad