FC2ブログ

Guitar Idol ギターアイドル 非公式ファンサイト

ようこそ! ここはインターネット上で行われるギタリスト達による世界大会「Guiter Idol」の非公式サイトです。 それ以外にもメタルミュージックやギタリストなどを紹介していくブログでもあります。

今日のアイリッシュ【第58回】「Project West - Plump Pigeon」

2018年アルバムランキング発表中!

Guitar Idol 8の優勝者が決定!!

Guutar Idol 8のファイナリストが決定!!






素直になれないほど、自分にとってマイナスなことばかり起こるように感じてしまう。村で堤防を作るだとかの話を聞いていつも通り、嫌味なことを皆に吹いて自分の部屋に閉じこもっている、別にそれでいいと思っている、でも時々自分が誰からも相手をされなくなってしまうような不安に陥る時がある・・・なんて勝手なんだろうか・・と言う感想すらも近頃は感じなくなっていた、正真正銘のクズの誕生だ。
そしてその日がやってくた。大嵐が起こると言われるその日は、前日から雲の様子がおかしく皆外出は控えていた。川辺に近いこの村は水害が起こったことは少なくない・・・だけど、そんな不安から解消すべくも提案されたのが堤防である。
私は言った。「なぜ先人達がやろうとしなかったと思うか?」「全て無駄だからだ」「非難すべきなんだ」本当に思ったことでも私が言えばとても嫌味ったらしくてありゃしない。いつもなら非難しているこの時間にも私は家の奥に塞ぎ込んでいた・・・もし水害で私が亡くなれば皆の胸のつかえもとれるだろう・・・そんなことばかり考えていた。
しかし考えていたのも束の間、ものすごい轟音が鳴り響いたかと思うと家の中に川の水が・・・そしてあっという間に家を飲み込もうという勢いで水位が上がっていく。私は流されて力も出せないまま柱につかまり、そのまま意識が薄れていった。
目が覚めると村の者たちが数人、場所は私の家があったであろうという所。「何をしていたんだ!」「心配したんだぞ!」などの声が聞こえる中、ある者の説明で私の訴えが取り入れられたのか堤防を作っておきながら皆遠くの丘の上に避難していたのだ。「お前のおかげだ」なんて言われたが私は何故生きてしまったのかと、ここまで来て皆に迷惑をかける自分が情けなくて仕方ない・・・。
まだ天候が良くないのか雨がしとしとと降り注ぐ中、私は皆に心配されないよう・・雨にごまかして泣いた





「・・・なんか自分でも何書いてんのか意味分かんないね」

「↑の曲が入ったアルバムはSoundcloudで視聴できるけど、ダウンロード・・販売はしてないっぽい?探したけど見つかんないです」

「それにしても、2016辺りから色々と更新ないのは何故なんだろう・・・?」


- Soundcloud -

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitaridol.blog.fc2.com/tb.php/968-b2341244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)